ONGEN OPT

DTMについて役立ちそうな情報をまとめてるブログ

パーカッション音源「SYMPHONY SERIES PERCUSSION」のレビューと使い方

f:id:hatemani:20180409151631p:plain

Native Instrmentから販売されている「SYMPHONY SERIES PERCUSSION」はSonuscoreとコラボレーションして生まれたオーケストラ・パーカッション音源です。

「SYMPHONY SERIES PERCUSSION」以外にNative InstrmentとSonuscoreは「ACTION STRIKES」「ACTION STRINGS EMOTIVE」でもコラボをしており、この2社はなにかと縁のある会社のように感じます。

有名サンプラーのKONTAKTを開発したNative Instrmentが販売元ということもあり、この音源を使用する際にはKONTAKTが必須。本家の作成した音源ということもあってKONTAKTで使える機能をフルに活用できる非常によくできたパーカッション音源となっています。

「ステレオマイク」「クローズマイク」「ミッドマイク」「ファーマイク」「スポットマイク」の5種類のマイク位置が異なる音源が収録されており、調整によってジャンルの違う曲制作が可能です。

 

SYMPHONY SERIES PERCUSSIONの紹介

音源概要

音源数:55
エンジン:KONTAKT
マイク数:5
マイク種類:ステレオ、クローズ、ミッド、ファー、スポット
アーティキュレーション数:各音源に対して最大7
容量:29GB
 

参考動画

 

公式HP

SYMPHONY SERIES PERCUSSIONの使い方

音源を読み込む

f:id:hatemani:20180409110022p:plain

SYMPHONY SERIES  PERCUSSIONでは「Drums」「Tuned Percussion」「Cymbals」「Metal」「Wood」「Kits」から選択してKONTAKT上に読み込ませます。

Drums:バスドラム、スネア、タム等の打楽器
TunedPercussion:ティンパニ、チェレスタ、グロッケン、マリンバ等
Cymbals:シンバル、ゴング等
Metal:トライアングル、チャイム、タンバリン等
Wood:カスタネット、ギロ等
Kits:パーカッションキット、シンバルキット、スネアキット等で1つのNKIの中に複数の楽器が含まれる。
 

パフォーマンス設定を行う

f:id:hatemani:20180410141336p:plain

 Performanceタブでは「アタック」「リリース」「ピッチ」「ベロシティ」「ラウンドロビン」の設定ができます。

 

パフォーマンスコントロール設定

 

f:id:hatemani:20180409163039p:plain

 ダイナミクスのコントロールはパフォーマンスタブ内の中央のつまみから変更可能。デフォルトではモジュレーションホイール(MIDI CC1)に割り当てられており、動的にダイナミクスを調整する場合に使用します。

エクスプレッションやMIDIノート入力時アタックタイムのほか「リリースタイム」「ピッチ」「ベロシティ」の調整もパフォーマンスタブで行います。

 

ラウンドロビン設定(サンプルバリエーション)

 

f:id:hatemani:20180409115133p:plain

ラウンドロビン設定では「Cont」か「Rand」から選択します。

Cont:ラウンドロビンのサンプルが順番となる。
Rand:ラウンドロビンのサンプルがMIDIノート毎にランダムとなる。

 

マッピング確認を行う

f:id:hatemani:20180409151414p:plain

MappingタブでMIDIキーに割り当てられたマップを確認できます。

 

以下の説明はSnareの場合となります。

Hits:ドラムヘッドの中央を叩く音
Edge:ドラムエッジを叩く音
Trem:トレモロ奏法
Cresc:クレッシェンド奏法
Flam:フラム奏法
VelLayers:MIDIノートのベロシティに影響なくキーの左から右にかけてベロシティが強くなります。
 

キースイッチ

 

「Hits」と「Edge」を切り替えます。HitsとEdgeの切り替えはVelLayersのMIDIノートの時のアーティキュレーションとなります。

f:id:hatemani:20180409151319p:plain

 

ミキサー設定を行う

f:id:hatemani:20180410141820p:plain

 Mixerタブではマイクの設定および「イコライザー」「リバーブ」「コンプレッサ」「フィルター」の設定が可能です。

マイクの設定

 
 f:id:hatemani:20180409132844p:plain

SYMPHONY SERIES  PERCUSSIONではマイクが4種類用意されており、「ステレオマイク」「クローズマイク」「ミッドマイク」「ファーマイク」「スポット」の中から選択します。また、それぞれMIXすることも可能です。

 

エフェクトの設定を行う

Mixerタブの下部にて音源に「イコライザー」「リバーブ」「コンプレッサ」「フィルター」をかけることが可能です。

 

イコライザー(EQ) 

 

f:id:hatemani:20180409133207p:plain

EQ設定はKONTAKT内の3-band EQに割り当てられており、LowとHighはバンド幅が0.5でMidのみノブにて変更可能です。

 

リバーブ(REVERB)

 

f:id:hatemani:20180409133224p:plain

10グループ100種類のリバーブから選択可能です。

 

コンプレッサー(COMP) フィルター(FILTER)

 

f:id:hatemani:20180409133305p:plain

COMP設定はKONTAKT内のSolid Bus Compに割り当てられています。
FILTER設定はKONTAKT内のLP2(ローパスフィルタ)に割り当てられています。FILTER設定のResonanceはカットオフの周波数をどの程度目立たせるかを設定でき、Resonanceを100パーセントにするとカットオフで設定した周波数はブーストされカットオフ周波数以下は少し抑えられます。