ONGEN OPT

DTMについて役立ちそうな情報をまとめてるブログ

【Cakewalk by Bandlab】ソフト音源の立ち上げ方法とトラックの使い方【SONAR】

f:id:hatemani:20180526184606p:plain

Cakewalk by Bandlabではソフト音源(プラグインシンセ)の立ち上げ方法が複数存在しており、トラックの使い方を間違えると音が鳴らないケースもあります。

今回はそんな不具合を回避するためのソフト音源の立ち上げ方法とトラックの説明をします。

 

プラグインシンセの立ち上げ方法

 

f:id:hatemani:20180526184621p:plain

プラグインシンセの立ち上げ方法は「ブラウザ」「シンセラック」「トラックの追加」の3種類あります。

 

ブラウザから立ち上げる

f:id:hatemani:20180526184801p:plain

ブラウザのPlugIns>Instrumentsから立ち上げたいプラグインシンセを選択します。それをトラックにドラッグ&ドロップもしくはダブルクリックすることで立ち上がります。

 

f:id:hatemani:20180526184813p:plain

立ち上げる際にプラグインシンセの挿入オプションが表示されますが、インストゥルメントトラックを選択してOKボタンで立ち上げます。プラグインシンセの挿入オプションの詳細は後述する【トラックの種類と説明】で説明します。

 

シンセラックから立ち上げる

f:id:hatemani:20180526184823p:plain

メニューの表示>シンセラックビューを選択すると「シンセラック」が表示されます。このシンセラックで+ボタンを押し目的のプラグインシンセを選択することで立ち上がります。

 

トラックの追加から立ち上げる

f:id:hatemani:20180526184831p:plain

トラックを右クリック>インストゥルメントの挿入から「トラックの追加」ウィンドウを立ち上げます。同じ音源であれば複数トラックを一度に立ち上げることができるので便利です。

トラックの種類と説明

 

f:id:hatemani:20180526184900p:plain

プラグインシンセの挿入では様々な種類のトラックが作成できます。しかし設定を間違えると音が鳴らなかったりやりたいことが実現でなかったりするケースもあり、用途に合わせてしっかり選ぶ必要があります。

 

インストゥルメントトラック

f:id:hatemani:20180526184921p:plain

インストゥルメントトラックとはソース用MIDIトラックとマスターアウト用オーディオトラックが一体になったものです。VSTインストゥルメントを鳴らすために必要なトラック合わさったもので通常、音源を使う場合はこれを選択すればOKです。
インスペクタ下のAudio・MIDIのボタンでAudioの設定画面とMIDIの設定画面を切り替えられます。音源を鳴らすにはインストゥルメントトラック>マスターバスとなります。
 

ポイント

  • 通常はこれを選ぶ
  • マルチアウトが必要でない場合に使う

 

ソース用MIDIトラック

f:id:hatemani:20180526184941p:plain

ソース用MIDIトラックとは音源に対してMIDI信号を出すトラックです。音を鳴らす機能はなく、楽譜に相当するトラックとなります。
音源を鳴らすにはソース用MIDIトラック>音源>マスターアウト用オーディオトラック>マスターバスとなります。
 

ポイント

  • ソース用MIDIトラックだけでは音が鳴らない
  • マスターアウト用オーディオトラックと同時に使用する

 

マスターアウト用オーディオトラック

f:id:hatemani:20180526184959p:plain

マスターアウト用オーディオトラックは音源の音を鳴らすためのトラックです。音を鳴らす機能はあるものの音源に対してMIDI信号を出す機能はなく、このトラック単体では音源を鳴らすことはできません。
音源を鳴らすにはソース用MIDIトラック>音源>マスターアウト用オーディオトラック>マスターバスとなります。
※通常のオーディオトラックのINPUTを鳴らしたい音源に設定しても同様のマスターアウト用オーディオトラックと同じものが作成されます。
 

ポイント

  • マスターアウト用オーディオトラックだけでは音が鳴らない
  • ソース用MIDIトラックと同時に使用する

 

マルチアウト用ステレオオーディオトラック

f:id:hatemani:20180526185017p:plain

マルチアウト用ステレオオーディオトラックはマルチアウト(パラアウト)可能なプラグインシンセを使うときに使用するトラックです。
 

マルチアウトとは?

1つの音源で複数のオーディオ出力を可能にするもので、音源(プラグインシンセ)側が対応している必要があります。例を挙げるとドラム音源でキック・スネア・ハットなどに個別でVSTエフェクトをかけたい場合に使用します。

 

f:id:hatemani:20180526185024p:plain

マルチアウト用ステレオオーディオトラックで作成されるトラックの数は音源の持っているオーディオ出力の数によって決定します。Cakewalk TTS-1の場合はステレオ出力が4つなのでトラックが4つ作成されます。
 

ポイント

  • パラアウトする場合はこれを選ぶ
  • 音源の仕様にはモノ出力数で記載されている場合もありステレオの場合は使えるチャンネルの数が半分になる
  • 音源毎にVSTエフェクトを使いたい場合はこれを選ぶ

 

マルチアウト用モノオーディオトラック

f:id:hatemani:20180522105754p:plain

マルチアウト用モノオーディオトラックはマルチアウト用ステレオオーディオトラックと同じ使い方ですが、こちらはモノトラックとなります。
Cakewalk TTS-1の場合はモノ出力が8つなのでトラックが8つ作成されます。
 

ポイント

  • パラアウトする場合はこれを選ぶ
  • モノ出力なので注意
  • 音源毎にVSTエフェクトを使いたい場合はこれを選ぶ

 

関連記事まとめ:Cakewalk by BandLabの使い方や秘訣