ONGEN OPT

DTMについて役立ちそうな情報をまとめてるブログ

【無料】KOMPLETE STARTの入手方法とインストール【KONTAKT PLAYER】

f:id:hatemani:20200923193232p:plain

【2020.10.15に『KOMPLETE STARTの紹介』を追記しました】

サンプリング音源やエフェクトなどは多くのメーカーから発表されていますが、それを大量かつクオリティの高いアイテムを収録しているバンドル製品にNative Instrumentsの「KOMPLETE」シリーズがあります。
とても魅力的のあるKOMPLETEですが、中には「初心者で手を出すのはちょっと」という人もいることでしょう。そんな人におススメなのがKOMPLETEの一部を無償で使用できる「KOMPLETE START」です。

KOMPLETE STARTは無償でダウンロードできるため、お試し利用も可能。Windows/Macに対応しており、多くのユーザーが使うことができます。今回はそんなKOMPLETE STARTの収録内容と入手方法について紹介します。

続きを読む

【2020】おすすめMIDIキーボードを鍵盤数別に紹介【DTM】

f:id:hatemani:20180912090715j:plain

【2020.10.02に『おすすめキーボード』3件を更新しました】

MIDIキーボードは音の確認や打ち込みのときにマウスで手入力するより効率的にできるなど、鍵盤を弾けない人であってもDTMをやっていく中で持っておきたいコントローラーです。
そんなDTM必須ともいえるアイテムですが、鍵盤数やコントローラー機能など機種によって内容も値段も異なるから使い手の使用用途や環境によってどのキーボードにするか考えることになります。
今回は25鍵盤から88鍵盤まで鍵盤数別にその特徴とおすすめのMIDIキーボードを一部ステージピアノも含めて紹介します。

 

続きを読む

【Studio One】インストール後に必要な環境設定

f:id:hatemani:20200914184336p:plain

基本的にどのソフトでもインストールしてすぐ万全に使える状態になっていません。そのためインストール後はまず最低限必要な環境設定をすることが必須事項になっています。
今回はstudio oneで楽曲の作成をする前に設定しておきたい環境設定として、オーディオデバイスと外部デバイスの設定方法を説明します。

※この記事はStudio One Professionalをベースに作成しています。Prime専用ではなく、Primeでは設定できない項目があるので注意してください。

 

続きを読む

【無料DAW】Studio One Prime 5の導入方法【インストール】

f:id:hatemani:20201225133926p:plain

DTMで使用するDAW(Digital Audio Workstation)にはさまざまな種類があり、有料のものから他機材のバンドル版などあります。その一部には無料のもの存在し、その中でも当ブログで主に紹介している「cakewalk by BandLab」と双璧を成すフリーDAW『Studio One Prime』があります。

Studio One Primeは、StudioOne有料版「Studio One Professional」「Studio One Artist」の下位に位置付けされているものの、完全無料で時間制限もなく無制限にトラックを追加できるなど、無料版であることを感じさせない優秀なDAWです。

ただしサードパーティープラグインが読み込めないデメリットがある(※リミッターがないためマスタリングには不向き)ため、その点は注意したいところです。それでも搭載されているプラグインや音源などでミックスはちゃんとできるため、この辺りは好みの問題になるかと思います。

また、cakewalk by BandLabと違い、こちらはWindows/Mac両方に対応しているためMacユーザーでDTMを始めてみたいという人におススメです。本記事ではそんなStudio One Primeのインストール(導入方法)の説明と日本語マニュアルの入手方法の紹介をしています。

 

続きを読む

【歌ってみた】cakewalkでボーカルミキシング③仕上げと書き出し

f:id:hatemani:20200810123920j:plain

このシリーズでは初心者向けに比較的簡単な操作でできるボーカルミキシングの紹介をしています。
前回までボーカルミキシングをするうえで必要な準備とボーカルトラックの処理についてお話ししましたが、第3回目は仕上げから書き出しについてお話しします。
仕上げは曲の仕上がりを左右させる工程なため、こだわる人は納得がいくまで時間をかけてしまう部分です。また、書き出しも用途によってさまざまな方法があるので自分が使いたい方法を選んで使用する必要があります。

 

続きを読む

【cakewalk】音が出ないときの対処方法【音が鳴らない】

f:id:hatemani:20200901143340p:plain

新しく機材を新調したときなど、これまでと違う環境にしたときは特にトラブルに見舞われやすいです。DTMでは特に音が出ないことには作業がまともに進みません。
音が出ない原因には『DAW』『OS』『機器』の3つに大別でき、どれが原因なのかを分けて対処する必要があります。今回はDAW(cakewalk)が原因だった場合の対処方法を紹介します。

 

続きを読む

【歌ってみた】cakewalkでボーカルミキシング②ボーカルトラックの処理

f:id:hatemani:20200810123920j:plain

このシリーズでは初心者向けに比較的簡単な操作でできるボーカルミキシングの紹介をしています。
前回はボーカルミキシングをするうえで必要な準備についてお話ししましたが、第2回目はミックスのために必要なボーカルトラックの処理についてお話しします。ボーカルトラックの処理はボーカルを目立たせ、なおかつ曲と違和感なく一つに融合させるために綺麗な状態にする工程です。

 

続きを読む

【歌ってみた】cakewalkでボーカルミキシング①準備

f:id:hatemani:20200810123920j:plain

このシリーズでは初心者向けに比較的簡単な操作でできるボーカルミキシングの紹介をします。
カラオケ音源とボーカル音源をミックスするにあたって、ボーカルを目立たせることや曲と違和感なく一つにすることが重要です。
ボーカルミキシングをおこなうにはまず準備が必要不可欠です。準備をするしないでは作業効率が大きく変わり、仕上がりにも関わってきます。
今回はcakewalkの機能のみを使ったボーカルミキシング、その準備についてお話しします。

続きを読む

【2020年】おすすめの8DIO音源を紹介【DTM】

f:id:hatemani:20200731165845p:plain

【2018.05.27に『1990 Studio Grand Piano  for Kontakt』を追加しました】

8DIOは非常にクオリティの高いKONTAKT音源を多数生み出しているベンダーです。2011年と比較的新しく設立されていますが音源へのこだわりが高く、一躍有名になったベンダーと言えるでしょう。今回はそんな8DIOの音源をいくつか紹介したいと思います。

 

続きを読む

【Cakewalk by BandLab】ドラムの打ち込みで使えるステップシーケンサーの使い方【SONAR】

f:id:hatemani:20200731165842p:plain

Cakewalk by BandLabにはドラムの打ち込みで便利な機能「ステップシーケンサー」があります。
MIDIの入力方法としてピアノロールがありますが、ステップシーケンサーはグリッドに表示されたステップにノートを配置するだけでパターンが簡単に作成できるため、手軽にバックを作りたいときに役立ちます。
今回はドラム以外にもベースやピアノなどのリズムの組み立てに活用できる、ステップシーケンサーの使い方について説明します。 

 

続きを読む

【2021年】DTM作業におすすめなディスプレイ・モニターの紹介と選び方【9月】

f:id:hatemani:20180526095057j:plain

【2021.09.14にディスプレイ1件追加しました】

DTM作業をする中で集中できる環境を作ることも大事なことです。
近年ディスプレイは高解像度になり、20インチ以下でも4Kのパネルが使用されるようになりました。
綺麗さを求めるのであればそれでも良いかもしれませんが、作業をする観点からするとそれには限界があります。
今回はDTM作業をするうえでおすすめなディスプレイの選び方・スペックの詳細についてと、少し離れても文字が見える90dpiあたりから十分な作業スペースを確保できる140dpiまでの中からDPIを基準にしたDTM用途のおすすめのディスプレイを紹介します。

 

続きを読む