ONGEN OPT

DTMについて役立ちそうな情報をまとめてるブログ

【2023年版】DTMで活躍するおすすめのエレキギター音源を紹介

エレキギター音源は進化し、打ち込みが容易になっています。特にギターソロのような細かいニュアンスを表現するには根気と技術が必要ですが、リズムを重視するバッキング部分に関しては、比較的短時間でギターらしい音は再現できます。

また、MIDIトラックの流用やキーの変更が簡単なため、ギターの経験がある人もない人も打ち込みを取り入れています。今回の内容では、そんな進化するエレキギター音源について紹介していきます。

本ページではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています 

続きを読む

【無料】Ample Guitar M Lite IIのインストールと使い方【アコースティックギター音源】

この記事ではAmple Soundの無料アコースティックギター音源「Ample Guitar M LiteⅡ」のインストール方法と使い方について解説します。
Ample Guitar M LiteⅡの使い方をすぐ知りたい場合は『4. AmpleGuitar M LiteⅡの使い方(スタンドアローン・DAW)』をクリックして移動してください。

Ample Guitar M LiteⅡには、アコースティックギターのリアルな音色を再現するために多くの機能が備わっています。例えばリアルなストラミングパターンのほか、ハンマーオンやプルオフなどのアーティキュレーション、そしてコンプレッサーやイコライザー・リバーブなどのエフェクトがあります。

 

続きを読む

【Cakewalk by BandLab】オーディオエクスポートの方法

Cakewalk by BandLabのオーディオエクスポート画面では、ミックスダウン後のファイル出力だけでなくトラックごとのファイル出力も可能です。
さらにタスクキュー機能を使用することで、複数の設定に基づくファイル出力を一度の操作で実行できます。

 
この記事では
 
  • オーディオエクスポートの画面を開く方法と機能の概要
  • オーディオエクスポートの設定詳細
  • エクスポートレンジやタスクに関する設定

を説明します。

 

続きを読む

【無料音源】KONTAKT 7 PLAYERとライブラリのインストール方法・使い方【DTM】

「KONTAKT PLAYER」はNative Instrumentsや他社の音源を再生できる無料のソフトウェアサンプラーです。DAWソフトと連携するほか、単体での起動もできるため、ライブや配信にも使えます。さらに民族楽器・ドラム・ギター・シンセ・電子楽器などの高品質な音源も含まれています。
またKONTAKT PLAYERは「KONTAKT」の一部機能が制限された無料版です。機能や付属音源で異なる点があります。

CHECK:KONTAKTとKONTAKT PLAYERの主な違い
 

KONTAKT(フルバージョン):

  1. すべてのKONTAKTインストゥルメント(サウンドライブラリ)を読み込み可能
  2. 多種多様な楽器からサンプリングされた高品質なサンプルと、即戦力となるインストゥルメントを収録したKONTAKT Factory Library 2が付属
  3. インストゥルメントの広範囲な編集ができる

KONTAKT PLAYER(フリー版):

  1. KONTAKT PLAYER専用インストゥルメントのみ読み込み可能
  2. KONTAKTに付属する一部のサウンドを使用でき、無償のKONTAKT FACTORY SELECTIONをダウンロードするとサウンドライブラリを追加で入手可能
  3. インストゥルメントの編集が一部できる

詳細は以下の公式サイトをご参照ください。

 

 

KONTAKTフルバージョンは単体で購入可能ですが、ほかのインストゥルメントなどがバンドルされた「KOMPLETE」 もあります(アフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています)

KOMPLETEは以下の表(内容はKOMPLETE 14)のようにグレードの違いで価格と収録内容が大きく変わり、ユーザーが求めるものと予算に合わせて選択できるのが特徴です。

  START SELECT  STANDARD ULTIMATE COLLECTOR’S
EDITION
収録される音源と
エフェクトの数
18 19 87 140 148
収録される
Expansionの数
記載なし
(1500のループとサンプル)
8 39 65 103
サウンドの数 2000以上 15,000以上 43,000以上 84,000以上 141,000以上
サンプル
ライブラリー
 (圧縮時)
6GB以上 50GB以上 350GB以上 1060GB以上 1.5TB以上
主な特徴 スタジオ品質のサウンドを無償で使用可能 音楽制作に必要なツールを厳選 あらゆるジャンルのサウンドを網羅 幅広い音楽ツールの膨大な
コレクション
最上位版ですべての製品を含む
価格 無料 ¥28,600 ¥85,900 ¥171,800 ¥257,800
 

本記事では「KONTAKT PLAYER」の最新版である「Kontakt 7 Player」のインストール方法と使い方の概要について説明します。

 

続きを読む

【2023年版】Cakewalk by BandLabのインストール・アカウント作成【無料DAW】

パソコンで音楽制作を行うには、DAWと呼ばれるソフトウェアが必要です。DAWはMIDI入力・録音・オーディオ編集・ミキシング・エフェクト処理などが可能です。このような音楽制作の一例に高機能DAW「Cakewalk by BandLab」があります。
Cakewalk by BandLabは無料ながら多機能なソフトウェアです。このDAWはかつて有料だったcakewalk社の「SONAR」が開発終了した後、BandLab TechnologiesによってCakewalk by BandLabとして復活しました。

「Cakewalk by BandLab」の特徴

 

  1. すべて無料で使用可能
  2. 楽器やボーカルなどの録音・編集機能が充実
  3. VSTプラグインが使用可能(外部エフェクトが使用できる)
  4. 定期的にアップデートが実施されており、新しい機能が使用可能
 
 
この記事では
 
  • Cakewalk by BandLabの入手からインストールまでの方法
  • Cakewalk by BandLabをインストール後のアクティベート方法

を紹介します。

 

続きを読む

【2023年】おすすめオーディオインターフェイス

f:id:hatemani:20200731165442p:plain

DTMを始めると「音質が悪い」「録音ができない」「レイテンシー(遅延)が高い」といった環境によるさまざまな問題に頭を悩ませてくる人もいるでしょう。これらの問題を解決するアイテムがオーディオインターフェイスです。
パソコンに内蔵されているサウンド機能はリスニング用なら問題なくてもDTMなど音楽用途として使うとなると音質やレイテンシーなどの問題が現れ難易度が跳ね上がります。
そのため今回はこれらの問題を解決するおすすめしたいオーディオインターフェイスを価格別に紹介します。

本ページではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています

続きを読む

【Studio One】コードトラックの使い方【コード入力・コード解析】

Studio Oneのコードトラック機能には、トラックのコードを表示する以外にオーディオトラックやインストゥルメントトラックのノートを編集など、さまざまな使い方があります。

CHECK:コードトラック機能を使ってできること

 

  • 楽曲のコード進行を設定・表示
  • オーディオ・インストゥルメントトラックのノートをコードに従わせる
  • コードトラックからインストゥルメントトラックのノートを生成
  • コードトラックのコード進行を再生
  • オーディオからコードを解析
  • インストゥルメントトラック(単体・複数)からコードを解析
 
続きを読む

【Cakewalk by BandLab 】アドオンのインストール方法と起動方法

cakewalk by bandlabには、いくつかのアドオンを無料で使用できます。一部試用版のものもありますが、いろいろ役立つので自分の環境に合わせて利用すると良いでしょう。

 
この記事では
 
  • アドオンの種類とインストールの仕方
  • アドオンの使用方法の概要

を紹介します。

 

続きを読む

【2023年】DTMに最適なモニタースピーカーを価格別に紹介【おすすめ】

f:id:hatemani:20211004104557j:plain

DTMで制作した曲の確認には音を出力して聴くヘッドフォンやスピーカーがあり、それぞれ音の聴こえ方が違うため両方聴き比べて調整するという人は少なくありません。
しかしスピーカーでの確認で注意したい点として使用するスピーカーの種類があります。

一般的に使用される「リスニングスピーカー」は音の聴こえ方に特徴があるよう調整されており、別のスピーカーでは聴こえ方がまったく違ってしまいます。
対して、今回紹介する「モニタースピーカー」はリスニングスピーカーと違い、どの環境で聴いても素の音になるよう調整がされています。

モニタースピーカーは高音質かつ元の音声を再現できるかなど精度に大きくかかわってくるため、ミックスやマスタリングで完成度を上げたいなどのこだわりがある人にはモニタースピーカーは必要不可欠です。
今回はそんなDTMに最適なモニタースピーカーを価格別に紹介します。

本ページではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています

続きを読む

【Cakewalk by BandLab】コードでMIDI入力をする方法【アーティキュレーションマップ】

f:id:hatemani:20211018155355p:plain

DTMで打ち込みで作曲やコピーをする際に「コード進行やコード名は分かるけど、コードの構成音が分からない」という状況になったことはありませんか?
ここで作業を中断してネットでコードの構成音を調べてMIDI入力してとなると、予定外の作業量と時間が増えてしまうことに……。
ですが、Cakewalk by BandLabにはそういうときに使えるアーティキュレーションマップというものがあります。

 
この記事では
 
  • アーティキュレーションマップでできること
  • アーティキュレーションマップを使ったコード入力(具体例あり)

を紹介します。

 

続きを読む

【2023年】おすすめMIDIキーボードを鍵盤数別に紹介【DTM】

f:id:hatemani:20180912090715j:plain

MIDIキーボードは音の確認や打ち込みのときにマウスで手入力するより効率的にできるなど、鍵盤を弾けない人であってもDTMをやっていく中で持っておきたいコントローラーです。
そんなDTM必須ともいえるアイテムですが、鍵盤数やコントローラー機能など機種によって内容も値段も異なるから使い手の使用用途や環境によってどのキーボードにするか考えることになります。
今回は25鍵盤から88鍵盤まで鍵盤数別にその特徴とおすすめのMIDIキーボードを一部ステージピアノも含めて紹介します。

本ページではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています

続きを読む

【Studio One】インストール後に必要な環境設定・オーディオ設定

Studio Oneは初心者でも使いやすく機能も多彩なDAWですが、使用する環境やデバイスに合った環境設定が必要です。オーディオデバイスの設定や外部デバイスの認識、VSTプラグインの配置など初めての方にとっては少し複雑に感じるかもしれません。

 
この記事ではStudio Oneのインストール直後に行うべき基本的な
 
  • オーディオデバイスの設定(使用する場合・使用しない場合)
  • 外部デバイス(MIDIキーボードなど)の設定
  • VSTプラグインの設定(サードパーティー製プラグイン使用時)

について説明します。

 

※この記事はStudio One Professionalをベースに作成しています。Prime専用ではなく、Primeでは設定できない項目があるので注意してください。

 

続きを読む

【2023年】価格別おすすめのボーカルマイク【ダイナミックマイク・コンデンサーマイク】

f:id:hatemani:20180819174952j:plain

録音するにあたってボーカルでも楽器でもマイク選びは音のクオリティを左右する非常に重要な機材となります。ここではマイクの種類についてとボーカルに適したマイクを価格別に紹介します。

本ページではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています

続きを読む

【2023年】最新おすすめドラム音源を紹介【DTM】

ドラム音源は各メーカーから専用のインタフェースでリリースしており、音色・機能・容量もさまざまです。今回はそんな各メーカーごとにリリースされているドラム音源の中からおすすめなものを紹介します。

本ページではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています

続きを読む