ONGEN OPT

DTMについて役立ちそうな情報をまとめてるブログ

【無料DAW】cakewalk by BandLabの導入方法・アカウント作成【インストール】

f:id:hatemani:20200731163750p:plain

【2020.12.15に『cakewalk by BandLabのインストール方法』『Cakewalk by Bandlabの起動』を更新しました】

DTMをはじめるとき必須ツールの1つに『DAW(Digital Audio Workstationの略)』があり、国内外問わず多くのメーカーから販売されています。
なかには無料のものや音源などのバンドル版DAWを使うという選択もありますが、その中でおススメしたいのが『cakewalk by BandLab』です。

cakewalk by BandLabは2017年末に惜しまれつつ開発終了となった「Cakewalk SONAR」が2018年にBandLab Technologiesによって「cakewalk by BandLab」として復活したDAWです。

特に注目してもらいたいのはこれまで有料だったものが無料になったこと。
DAWだけで見れば「SONAR Platinum」と同等でこれまで大体5万~6万くらいしたものが無料で使えるようになったとなれば、その衝撃の大きさを感じてもらえるかと思います。

本記事ではそんなcakewalk by BandLabのインストール(導入方法)の説明と日本語化の紹介をしています。

 

事前準備

BandLabのアカウントを作成する

cakewalk by BandLabをインストールする前にまずはアカウントを作成する必要があります。すでにBandLabのアカウントをお持ちの方は先へ進んでください。

f:id:hatemani:20200804114211p:plain

f:id:hatemani:20200804114243p:plain

①「Facebook」 or 「Google」 of 「電子メール」での登録となっている。私は電子メールで登録を選択。「Name」「Email」「Password」を入力して『Sign up』をクリックします。

 

f:id:hatemani:20200804114259p:plain

②「ユーザー名」と「写真」の登録をするように促されますが、ユーザー名のみ好きな名前を入れて『Continue』をクリックします。

 

f:id:hatemani:20200804114313p:plain

③次へ進むと何者かと問われるので答えて『Continue』をクリックします。

 

f:id:hatemani:20200804114328p:plain

④次は好きなジャンルを聞かれるので答えて『You're done!』をクリックします。

登録が完了すると動画が流れますが、登録自体は完了しているので画面を閉じます。

 

f:id:hatemani:20200804114345p:plain

ここまででBandLabのアカウント作成は完了しました。続いてcakewalk by BandLabのインストールのインストールを行います。

cakewalk by BandLabのインストール方法【更新:2020.12.15】

 

f:id:hatemani:20200804114437p:plain

 

 Cakewalk by BandLabのサイトにアクセスする

f:id:hatemani:20200804114453p:plain

①『Get Early Access Now』をクリックします。

 

f:id:hatemani:20200804114507p:plain

②この画面に移動するので『Get Early Access Now』をクリックすると「bandlab-assistant-windows-latest.exe」のダウンロードが開始されます。容量は41.5Mbyteです。

 

 Cakewalk by Bandlabのインストール

 

ダウンロードした「bandlab-assistant-windows-latest.exe」を実行します。

 

Windows Defender SmartScreen画面が表示される場合

 

実行した時に私の環境では以下のように表示されました。

f:id:hatemani:20200804114528p:plain

WindwsによってPCが保護されました。
Windows Defender SmartScreenは認識されないアプリの起動を停止しました。
このアプリを実行すると、PCに問題が起こる可能性があります。

 

f:id:hatemani:20200804114541p:plain

詳細情報をクリックすると以下のように実行ボタンが表示されるので、かまわず実行しましょう。

 

BandLabログイン画面

f:id:hatemani:20200804114611p:plain

①『bandlab-assistant-windows-latest.exe』を実行するとBandLabログイン画面が表示されるので先に作っておいたアカウントでログインします。「Username」か「Email」と「パスワード」を入力して『Login』をクリックしましょう。

 

f:id:hatemani:20200804114628p:plain

② ログイン画面すると下の画面に移行するので『Apps』を選択します。

 

f:id:hatemani:20200804114640p:plain

 ③『install』をクリックします。

 

f:id:hatemani:20201216112245p:plain

④アドオンをインストールするか聞かれるので、チェックを入れて『install』をクリックします。アドオンの内容は下記の通りです。
 

Studio instruments Suite

エレクトリックピアノ・ストリングス・ベース・ドラムの4種類の音源が収録されています。
 
  • エレクトリックピアノ音源「SI-Electric Piano」
  • ストリングス音源「SI-Strings」
  • ベース音源「SI-Bass Guitar」
  • ドラム音源「SI-Drums」 

Drum Replacer

録音済みのドラムトラックをドラムパーツごとに他の音に置き換えることができます。
 

Melodyne

Celemony社のボーカルや楽器音のピッチ補正ツールです(※このプラグインは30日間の試用版となります)
 

Theme Editor

cakewalkのUI編集ツールです。 

 

 

f:id:hatemani:20201216112255p:plain

⑤インストールする言語を選択します。『Japanese』を選択して日本語にしましょう。

 

f:id:hatemani:20201216112305p:plain

⑥『同意する』にチェックを入れて、次へをクリックします。

 

f:id:hatemani:20201216112314p:plain

⑦『標準』にチェックを入れて、次へをクリックします。

 

f:id:hatemani:20201216112324p:plain

⑧標準を選んだためかVSTプラグインフォルダは変更できませんでした。このまま次へ進めます。 

 

f:id:hatemani:20201216112334p:plain

⑨『インストール』をクリックし、先へ進めます。

 

f:id:hatemani:20201216112344p:plain

⑩インストールが完了するまで待ちます。

 

f:id:hatemani:20201216112353p:plain

⑪『完了』をクリックして終了します。

 

Cakewalk by Bandlabの起動【更新:2020.12.15】

 

Cakewalk by Bandlabの起動方法は2通りあります。

①BandLab Assistantから起動する

 

f:id:hatemani:20200804114729p:plain

BandLab Assistantを起動して『Open』をクリックします。

 

②cakewalk.exeから起動する

 

f:id:hatemani:20200804114837p:plain

『C:\Program Files\Cakewalk\Cakewalk Core\Cakewalk.exe」を実行するとCakewalk by Bandlabが起動します。

 

初回のCakewalk by Bandlab起動について

 

f:id:hatemani:20201216112407p:plain

①初めて起動したときはこのような画面が表示されるので『次へ』をクリックします。

 

f:id:hatemani:20201216112415p:plain

②オーディオセットアップを行います。入力デバイスと出力デバイスを選択して『次へ』をクリックします。

 

f:id:hatemani:20201216112424p:plain

③ワークスペースはいつでも変えられるのでそのまま次へ進めます。

 

 

 

f:id:hatemani:20201216112432p:plain

それでは使ってみましょう。

 

デモプロジェクトを開く

 

せっかくインストールしたからには一度起動してみましょう。

f:id:hatemani:20200804115059p:plain

 ①Cakewalkの「ファイル」から「開く」 を選択します。

 

f:id:hatemani:20200804115106p:plain

② 「C:\Cakewalk Content\Demo Projects\Sophia Jane - Living For Now.cwb」を開き、バンドルファイルの展開ダイヤログが表示されるのでOKボタンを押します。

 

f:id:hatemani:20200804115115p:plain

③プロジェクトが読み込まれました。あとは下の画像の再生ボタンを押すことで再生できます。

f:id:hatemani:20200804115127p:plain

再生ボタン 

インストール後に必要な環境設定

 
インストール後に必要な環境設定を記事にまとめました。
 

関連記事まとめ:Cakewalk by BandLabの使い方や秘訣