ONGEN OPT

DTMについて役立ちそうな情報をまとめてるブログ

【2020年】DTMにおすすめなデスクトップ・ノートパソコン(PC)【選び方解説】

f:id:hatemani:20180528184257p:plain

【2020.02.06に『CPU』スコア更新と『デスクトップPC』iiyama2件追加しました】

DTMをやりはじめる・やっているときに使用するパソコンを何にするか悩んでいませんか?
DTMをやるにあたってメモリやCPU性能不足はオーディオドロップアウトなどの不具合が発生しやすく、使用するプラグインやサンプリング音源が制限されてしまいます。そのため使用するパソコンの選定が非常に重要になってきます。
逆にいえばパソコンの選定条件をある程度把握していれば、自分が必要と思う条件も加えつつパソコン選びも可能になるということです。
今回はそんなDTM用パソコンの選び方とスペック的にDTMにおすすめなパソコンを紹介していきます。

 

DTM用パソコンの選び方

DTM用パソコン(以下PC)は制作スタイルによって必要になってくるスペックが変わってきます。
そのため以下の情報を参考にしつつ自分のスタイルに合ったPC選び、操作ラグやクラッシュによる強制終了などがない快適なDTMライフを目指してみてはいかがでしょうか。

 

CPU【追記:2020.02.03】

CPUはPCの処理速度に関わるパーツです。
DTMではVSTプラグインを同時に使用できる数に影響を与え、オーディオインターフェイスの録音・再生の時のレイテンシーを小さくする場合もCPUの性能に依存してきます。
そんな重要パーツ・CPUのメーカーには「Intel(インテル)」と「AMD(エーエムディー)」の2社があり、2017年からはどちらのCPUも性能が大幅に向上しています。
そのためDTM用のPCを選定する場合には2017年以降に発売されたCPUを搭載したPCがおススメです。

 

Intel(インテル)

IntelのCPUを選ぶ場合、デスクトップPCであれば「Core i3以上」ノートPCであれば「Core i5以上」のものを選びましょう。
デスクトップPC、ノートPCのどちらであってもCPUの型番は8000以上のものを選んでください。
型番の頭の数字(8000の場合は8)は世代を示しており、8世代からは前世代と比べてコアの数が増えているためCPU性能が大幅に向上しています。

AMD(エーエムディー)【追記:2019.07.21】

AMDのCPUを選ぶ場合は「Ryzenシリーズ」を選びましょう。
Ryzenは2017年にAMDから発売されたCPUで、型番は2000番以上を選んでください。
Intelと同じく型番の頭の文字「2」は世代を示しており、2018年に発売されたCPUです。
2019年7月に発売した3000番台(第3世代)になるとインテルの第9世代のCPUスコアを大きく上回り、それでいて価格が安いことからコスパを考えるならRyzenの第3世代一択と言っても過言ではありません。

 

デスクトップPC用CPUのスコア【追記:2020.02.03】

 
  • Core i3 8100:8004
  • Core i5 8400:11562
  • Core i5 8500:11819
  • Core i7 8700:15136
  • Core i7 8700K:15935
  • Core i5 9600K:13516
  • Core i7 9700:15941
  • Core i7 9700K:17197
  • Core i9 9900K:20200
  • Ryzen 5 2400G:9322
  • Ryzen 5 2600X:14360
  • Ryzen 7 2700:15061
  • Ryzen 7 2700X:16933
  • Ryzen 7 3700X:23830
  • Ryzen 9 3900X:31954
  • Ryzen 9 3950X:35691
  • Ryzen Threadripper 3960X:45896
  • Ryzen Threadripper 3970X:48166

 

ノートPC用CPUのスコア【追記:2020.02.03】

 
  • Core i5 8250U:7642
  • Core i7 8550U:8238
  • Core i7 8750H:12390
  • Core i7 9750H:13555
  • Ryzen 5 2500U:7333
  • Ryzen 7 2700U:7424
 

メモリ

メモリはPC上での作業スペースの広さにあたります。
DTM上でサンプリング音源を使う場合はこのメモリの大きさが大事で、最低8GB以上は選びたいところです。
また、デスクトップでPCであればメモリを追加できるかどうかもチェックしておきたいポイントになります。

 

ストレージ

ストレージは「HDD」や「SSD」などを指します。
DTMをするならHDDなら1TB以上、SSDなら256GB以上、できれば両方合わせて1TB以上は欲しいところです。
一般的なPC作業から考えると必要容量に驚くかもしれませんが、DTMで使用するサンプリング音源の必要ストレージは1つの楽器音源で10GB以下のものからオーケストラ音源で数百GBなど収録楽器によって幅広くあります。
サンプリング音源を多く使う場合はHDDは大容量のものを選びましょう。
ただし、サンプリング音源を同時に多数使う場合にはHDDの読み込み速度では音が途切れてしまう可能性があるため注意が必要です。
予算があればSSD容量の多いものを選び、頻繁に使用する音源はSSDの方に入れておきましょう。
多くのサンプリング音源はストレージからメモリへ読み込むサイズを変更できるため、ストレージとメモリのバランスが大事になります。

 

スペック的におすすめなパソコン【デスクトップPC編】

FRONTIER FRGBZ390 GBシリーズ

価格:109,800円(税抜) ※2020年2月上旬時点
 

スペック

  • OS:Windows 10 Home 64bit
  • CPU種類:Core i5 9600K(Coffee Lake)
  • CPUスコア:13516
  • メモリ容量:8GB
  • メモリスロット:4(空き3)
  • ストレージ容量(HDD容量):なし
  • ストレージ容量(SSD容量):240GB
  • ビデオチップ:Intel UHD Graphics 630
 

特徴

「FRGBZ390 GBシリーズ」はCPUに第9世代のCore i5を採用しているためCPU負荷にとても強いPCとなっています。

 

製品情報

 

Dell XPSタワー プラチナ

価格: 112,980円~(税抜・配送料込) ※2020年2月5日時点
 

スペック

  • OS:Windows 10 Home 64bit
  • CPU種類:Core i7 9700
  • CPUスコア:15941
  • メモリ容量:8GB
  • ストレージ容量(HDD容量):1TB
  • ストレージ容量(SSD容量):256GB
  • ビデオチップ:Intel UHD Graphics 630
  • 特記:特典キャンペーンのクーポン適用で割安になる可能性有。
 

特徴

「XPSタワー プラチナ」は第9世代CPU搭載PCの中で比較的割安なPCです。ストレージは十分確保されていますが、グラフィック性能は最低限。Dellはキャンペーンによる割引クーポンをほぼ通年あるため、表記価格より安く購入できる可能性が高いです。

 

製品情報

 

FRONTIER FRGXH370/B GXシリーズ

価格:119,800円(税抜) ※2020年2月上旬時点
 

スペック

  • OS:Windows 10 Home 64bit
  • CPU種類:Core i7 8700(Coffee Lake)
  • CPUスコア:15136
  • メモリ容量:16GB(8GB×2)
  • メモリスロット:4(空き2)
  • ストレージ容量(HDD容量):2TB
  • ストレージ容量(SSD容量):480GB
  • ビデオチップ:GeForce GTX1660→GTX1660SUPERへ無償UG
 

特徴

「FRGXH370/B GXシリーズ」はSSD容量が大きく、ビデオチップが「GeForce」と若干価格は高めの印象がありますが長く使えるPCになってます。

 

製品情報

 

 

マウスコンピューター LUV MACHINES iG700X6N-M2SH2

icon icon

価格: 124,800円~(税別) ※2020年2月上旬時点
 

スペック

  • OS:Windows 10 Home 64bit
  • CPU種類:Core i7 9700
  • CPUスコア:15941
  • メモリ容量:16GB(8GB×2)
  • メモリスロット:2(空き0)
  • ストレージ容量(HDD容量):1TB
  • ストレージ容量(SSD容量):256GB
  • ビデオチップ:GeForce GTX 1650
 

特徴

「LUV MACHINES iG700X6N-M2SH2」は第9世代CPUにメモリが16GBを採用の高スペックPCです。ストレージも十分確保され『価格.comプロダクトアワード2016 金賞受賞』 したPCの後継機とだけあって、おススメできる一品です。

 

製品情報

 

マウスコンピューター LUV MACHINES iH810UN-M2SH2

icon icon

価格:132,800円(税別)~ ※2020年2月上旬時点

 

スペック

  • OS:Windows 10 Home 64bit
  • CPU種類:Core i9 9900K (Coffee Lake)
  • CPUスコア:20200
  • メモリ容量:8GB
  • メモリスロット:4(空き3)
  • ストレージ容量(HDD容量):1TB
  • ストレージ容量(SSD容量):256GB
  • ビデオチップ:Intel UHD Graphics 630
 

特徴

 「LUV MACHINES iH810UN-M2SH2」は 「LUV MACHINES iH810H4N-M2SH2」と構成が似ていますが、こちらの方がCPU性能が上のものを採用しています。
その分メモリやストレージ容量は若干少なくなっていますがDTM用PCとして問題ないスペックになっています。

 

製品情報

 

マウスコンピューター LUV MACHINES iH810H4N-M2SH2

価格: 134,800円(税別)~ ※2020年2月上旬時点
 

スペック

  • OS:Windows 10 Home 64bit
  • CPU種類:Core i7 9700K (Coffee Lake)
  • CPUスコア:17197
  • メモリ容量:16GB(8GB×2)
  • メモリスロット:4(空き2)
  • ストレージ容量(HDD容量):2TB
  • ストレージ容量(SSD容量):256GB
  • ビデオチップ:Intel UHD Graphics 630
 

特徴

 「LUV MACHINES iH810H4N-M2SH2」は第9世代CPU採用によって第8世代よりもCPU性能が高く、ストレージも十分あるPCです。
そのため第8世代よりDTM関連ソフトの複数立ち上げ・使用による負荷も少なく、ストレージも十分確保できていることからストレージを多く使う機会が多いDTM向けの構成になっています。

 

製品情報

 

iiyama LEVEL-R040-i7-RXA

価格:134,980円~(税別) ※2020年2月上旬時点
 

スペック

  • OS:Windows 10 Home 64bit
  • CPU種類:Core i7 9700
  • CPUスコア:15941
  • メモリ容量:16GB(8GB×2)
  • メモリスロット:4(空き2)
  • ストレージ容量(HDD容量):2TB
  • ストレージ容量(SSD容量):480GB
  • ビデオチップ:GeForce GTX 1660 Ti
 

特徴

「LEVEL-R040-i7-RXA」は前述した「LUV MACHINES iG700X6N-M2SH2」と似たスペックですが、こちらの方が容量が多くなっています。メモリの空きスロットがあるため、増加予定のある人にはこちらがおススメかもしれません。

 

製品情報

 

iiyama LEVEL-M0B4-R73X-ROR

価格:134,980 円(税別)~ ※2020年2月上旬時点
 

スペック

  • OS:Windows 10 Home 64bit
  • CPU種類:Ryzen 7 3700X
  • CPUスコア:23830
  • メモリ容量:8GB(8GB×1)
  • メモリスロット:4(空き3)
  • ストレージ容量(HDD容量):1TB
  • ストレージ容量(SSD容量):240GB
  • ビデオチップ:GeForce RTX 2060
 

特徴

 「LEVEL-M0B4-R73X-ROR」は最新Ryzen第3世代・3700Xを採用しており、十分なストレージとビデオチップ搭載と性能からコスパがかなり良いPCです。

 

製品情報

 

ドスパラ GALLERIA AV

価格:149,980 円(税別)~ ※2020年2月上旬時点
 

スペック

  • OS:Windows 10 Home 64bit
  • CPU種類:Ryzen 7 3700X
  • CPUスコア:23830
  • メモリ容量:8GB(4GB×2)
  • メモリスロット数:4(空き2)
  • ストレージ容量(HDD容量):2TB
  • ストレージ容量(SSD容量):512GB
  • ビデオチップ:GeForce RTX2060 SUPER
 

特徴

 「GALLERIA AV」は「LEVEL-M0B4-R73X-ROR」と似た構成になっており、大量のストレージにグラフィックスも性能アップとこちらもかなりおススメしたい内容になっています。

 

製品情報

 

iiyama LEVEL-GXTZ-LCRT39-DXVI【追記:2020.02.05】

icon icon

価格:399,980円~(税別) ※2020年2月上旬時点
 

スペック

  • OS:Windows 10 Home 64bit
  • CPU種類:Ryzen Threadripper 3960X
  • CPUスコア:45896
  • メモリ容量:32GB(8GB×4)
  • メモリスロット:8(空き4)
  • ストレージ容量(HDD容量):2TB
  • ストレージ容量(SSD容量):500GB
  • ビデオチップ:Radeon RX 5700 XT
 

特徴

「LEVEL-GXTZ-LCRT39-DXV」はCPUに第3世代Ryzen Threadripperを採用しており、費用対効果から考えると特に押したいPCです。驚異の24コア/48スレッドにCPUスコアも既存CPUの中でもトップクラス。メモリ・ストレージと共にしっかり備えられています。

 

製品情報

 

iiyama LEVEL-FCTZ-LCRT3W-XYVI【追記:2020.02.05】

価格:554,980円~(税別) ※2020年2月上旬時点
 

スペック

  • OS:Windows 10 Home 64bit
  • CPU種類:Ryzen Threadripper 3970X
  • CPUスコア:48166
  • メモリ容量:32GB(8GB×4)
  • メモリスロット:8(空き4)
  • ストレージ容量(HDD容量):2TB
  • ストレージ容量(SSD容量):500GB
  • ビデオチップ:GeForce RTX 2080 Ti
 

特徴

「LEVEL-FCTZ-LCRT3W-XYVI」は前述した「LEVEL-GXTZ-LCRT39-DXVI」と同じくCPUに第3世代Ryzen Threadripperを採用したPCです。ただしこちらは32コア/64スレッドと更にスペックを上回り、紹介している他PCよりも群を抜く一品だと思います。

 

製品情報

 

スペック的におすすめなパソコン【ノートPC編】

FRONTIER FRNLKR720/D NLKRシリーズ

価格:92,800円(税抜) ※2019年12月上旬時点
 

スペック

  • ディスプレイサイズ:15.6インチ
  • 解像度:フルHD(1920×1080)
  • OS:Windows 10 Home 64bit
  • CPU種類: Core i7 8550U 
  • CPUスコア:8238
  • メモリ容量:16GB(8GB×2)
  • ストレージ容量(HDD容量):なし
  • ストレージ容量(SSD容量):1TB
  • ビデオチップ:Intel UHD Graphics 620
  • 重量:約2.2kg(バッテリー含)
 

特徴

「FRNLKR720/D NLKRシリーズ」は以前のスペックからメモリとストレージが増加されました。それに伴い価格が値上がりしましたが、よりコストパフォーマンスの高いノートPCになりました。

 

製品情報

 

 

Dell G3 15プラチナ

価格:129,980円(税抜・配送料込)~ ※2020年2月5日時点
 

スペック

  • ディスプレイサイズ:15.6インチ
  • 解像度:フルHD(1920×1080)
  • OS:Windows 10 Home 64bit
  • CPU種類:Core i7 9750H  
  • CPUスコア:13555
  • メモリ容量:16GB(8GB×2)
  • ストレージ容量(HDD容量):1TB
  • ストレージ容量(SSD容量):256GB
  • ビデオチップ:GeForce GTX 1650
  • 重量:ー
  • 特記:クーポン適用で割安になることも
 

特徴

 「Dell G3 15プラチナ」は性能の高い第9世代CPU採用・大量ストレージとメモリのおかげで多方面で活躍が期待できるノートPCです。GeForce GTX 1650搭載もあり、ゲーミングノートPCの色が強いのも特長。

 

製品情報