ONGEN OPT

DTMについて役立ちそうな情報をまとめてるブログ

【2019年】DTMにおすすめなデスクトップ・ノートパソコン(PC)【選び方解説】

f:id:hatemani:20180528184257p:plain

【2019.07.21に『CPU』スコアの更新とiiyama3件更新しました】

DTMをやりはじめる・やっているときに使用するパソコンを何にするか悩んでいませんか?
DTMをやるにあたってメモリやCPU性能不足はオーディオドロップアウトなどの不具合が発生しやすく、使用するプラグインやサンプリング音源が制限されてしまいます。そのため使用するパソコンの選定が非常に重要になってきます。
逆にいえばパソコンの選定条件をある程度把握していれば、自分が必要と思う条件も加えつつパソコン選びも可能になるということです。
今回はそんなDTM用パソコンの選び方とスペック的にDTMにおすすめなパソコンを紹介していきます。

 

DTM用パソコンの選び方

 
DTM用パソコン(以下PC)は制作スタイルによって必要になってくるスペックが変わってきます。そのため以下の情報を参考にしつつ自分のスタイルに合ったPC選び、操作ラグやクラッシュによる強制終了などがない快適なDTMライフを目指してみてはいかがでしょうか。
 

CPU【追記:2019.07.21】

CPUはPCの処理速度に関わるパーツです。DTMではVSTプラグインを同時に使用できる数に影響を与え、オーディオインターフェイスの録音・再生の時のレイテンシーを小さくする場合もCPUの性能に依存してきます。

そんな重要パーツ・CPUのメーカーには「Intel(インテル)」と「AMD(エーエムディー)」の2社があり、2017年からはどちらのCPUも性能が大幅に向上しています。そのためDTM用のPCを選定する場合には2017年以降に発売されたCPUを搭載したPCがおススメです。

 

Intel(インテル)

IntelのCPUを選ぶ場合、デスクトップPCであれば「Core i3以上」ノートPCであれば「Core i5以上」のものを選びましょう。デスクトップPC、ノートPCのどちらであってもCPUの型番は8000以上のものを選んでください。型番の頭の数字(8000の場合は8)は世代を示しており、8世代からは前世代と比べてコアの数が増えているためCPU性能が大幅に向上しています。

AMD(エーエムディー)【追記:2019.07.21】

AMDのCPUを選ぶ場合は「Ryzenシリーズ」を選びましょう。 Ryzenは2017年にAMDから発売されたCPUで、型番は2000番以上を選んでください。Intelと同じく型番の頭の文字「2」は世代を示しており、2018年に発売されたCPUです。

2019年7月に発売した3000番台(第3世代)になるとインテルの第9世代のCPUスコアを大きく上回り、それでいて価格が安いことからコスパを考えるならRyzenの第3世代一択と言っても過言ではありません。

 

デスクトップPC用CPUのスコア【追記:2019.07.21】

  • Core i3 8100:8033
  • Core i5 8400:11647
  • Core i5 8500:11913
  • Core i7 8700:15160
  • Core i7 8700K:15960
  • Core i5 9600K:13527
  • Core i7 9700K:17199
  • Core i9 9900K:20221
  • Ryzen 5 2400G:9315
  • Ryzen 5 2600X:14377
  • Ryzen 7 2700:15009
  • Ryzen 7 2700X:16971
  • Ryzen 7 3700X:23984
  • Ryzen 9 3900X:31855

ノートPC用CPUのスコア【追記:2019.07.21】

  • Core i5 8250U:7678
  • Core i7 8550U:8288
  • Core i7 8750H:12461
  • Core i7 9750H:13785
  • Ryzen 5 2500U:7354
  • Ryzen 7 2700U:7398
 

メモリ

メモリはPC上での作業スペースの広さにあたります。DTM上でサンプリング音源を使う場合はこのメモリの大きさが大事で、最低8GB以上は選びたいところです。また、デスクトップでPCであればメモリを追加できるかどうかもチェックしておきたいポイントになります。

 

ストレージ

ストレージは「HDD」や「SSD」などを指します。DTMをするならHDDなら1TB以上、SSDなら256GB以上、できれば両方合わせて1TB以上は欲しいところです。一般的なPC作業から考えると必要容量に驚くかもしれませんが、DTMで使用するサンプリング音源の必要ストレージは1つの楽器音源で10GB以下のものからオーケストラ音源で数百GBなど収録楽器によって幅広くあります。

サンプリング音源を多く使う場合はHDDは大容量のものを選びましょう。ただし、サンプリング音源を同時に多数使う場合にはHDDの読み込み速度では音が途切れてしまう可能性があるため注意が必要です。予算があればSSD容量の多いものを選び、頻繁に使用する音源はSSDの方に入れておきましょう。多くのサンプリング音源はストレージからメモリへ読み込むサイズを変更できるため、ストレージとメモリのバランスが大事になります。

 

スペック的におすすめなパソコン【デスクトップPC編】

マウスコンピューター LUV MACHINES iH700XN

icon icon

価格:89,800円(税別) ※2019年7月下旬時点
 

スペック

  • OS:Windows 10 Home 64bit
  • CPU種類:Core i7 8700 (Coffee Lake)
  • CPUスコア:15160
  • メモリ容量:8GB
  • スロット数:2(空き1)
  • ストレージ容量(HDD容量):1TB
  • ストレージ容量(SSD容量):なし
  • ビデオチップ:Intel UHD Graphics 630

特徴

 「LUV MACHINES iH700XN」はCPUに第8世代のCore i7を採用しており、VSTエフェクトの多数使用・ソフト音源を複数立ち上げなどを気にせずできることからCPU負荷を気にする人向けのPCです。
 

製品情報

 

iiyama SOLUTION-S0B6-i7-UHR

価格:92,980円(税別)~ ※2019年7月下旬時点
 

スペック

  • OS:Windows 10 Home 64bit
  • CPU種類:Core i7 8700(Coffee Lake)
  • CPUスコア:15160
  • メモリ容量:16GB(8GB×2)
  • スロット数:2(空き0)
  • ストレージ容量(HDD容量):1TB
  • ストレージ容量(SSD容量):240GB
  • ビデオチップ:Intel UHD Graphics 630
 

特徴

 「SOLUTION-S0B6-i7-UHR」は「LUV MACHINES iH700XN」のスペックにメモリとSSDが上乗せされた良スペックPCです。メモリが16GB、SSDのストレージが240GB増えた分、より多くの音源が読み込みによる作業効率向上が期待できます。
 

製品情報

 

FRONTIER FRGBZ390 GBシリーズ

価格:109,800円(税抜) ※2019年7月下旬時点
 

スペック

  • OS:Windows 10 Home 64bit
  • CPU種類:Core i5 9600K(Coffee Lake)
  • CPUスコア:13527
  • メモリ容量:8GB
  • スロット数:4(空き3)
  • ストレージ容量(HDD容量):なし
  • ストレージ容量(SSD容量):320GB
  • ビデオチップ:Intel UHD Graphics 630
 

特徴

「FRGBZ390 GBシリーズ」はCPUに第9世代のCore i5を採用しているためCPU負荷にとても強いPCとなっています。
 

製品情報

 

FRONTIER FRGXH370/B GXシリーズ

価格:119,800円(税抜) ※2019年7月下旬時点
 

スペック

  • OS:Windows 10 Home 64bit
  • CPU種類:Core i7 8700(Coffee Lake)
  • CPUスコア:15160
  • メモリ容量:16GB(8GB×2)
  • スロット数:4(空き2)
  • ストレージ容量(HDD容量):2TB
  • ストレージ容量(SSD容量):525GB
  • ビデオチップ:GeForce GTX1060
 

特徴

「FRGXH370/B GXシリーズ」はSSD容量が大きく、ビデオチップが「GeForce」と若干価格は高めの印象がありますが長く使えるPCになってます。
 

マウスコンピューター  LUV MACHINES iH810UN-M2SH2

icon icon

価格:132,800円(税別)~ ※2019年7月下旬時点

 

スペック

  • OS:Windows 10 Home 64bit
  • CPU種類:Core i9 9900K (Coffee Lake)
  • CPUスコア:20221
  • メモリ容量:8GB
  • スロット数:4(空き3)
  • ストレージ容量(HDD容量):1TB
  • ストレージ容量(SSD容量):240GB
  • ビデオチップ:Intel UHD Graphics 630
 

特徴

 「LUV MACHINES iH810UN-M2SH2」は 「LUV MACHINES iH810H4N-M2SH2」と構成が似ていますが、こちらの方がCPU性能が上のものを採用しています。その分メモリやストレージ容量は若干少なくなっていますがDTM用PCとして問題ないスペックになっています。
 

製品情報

 

マウスコンピューター LUV MACHINES iH810H4N-M2SH2

価格: 134,800円(税別)~ ※2019年7月下旬時点
 

スペック

  • OS:Windows 10 Home 64bit
  • CPU種類:Core i7 9700K (Coffee Lake)
  • CPUスコア:17199
  • メモリ容量:16GB(8GB×2)
  • スロット数:4(空き2)
  • ストレージ容量(HDD容量):2TB
  • ストレージ容量(SSD容量):240GB
  • ビデオチップ:Intel UHD Graphics 630
 

特徴

 「LUV MACHINES iH810H4N-M2SH2」は第9世代CPU採用によって第8世代よりもCPU性能が高く、ストレージも十分あるPCです。そのため第8世代よりDTM関連ソフトの複数立ち上げ・使用による負荷も少なく、ストレージも十分確保できていることからストレージを多く使う機会が多いDTM向けの構成になっています。
 

製品情報

 

iiyama LEVEL-M0B4-R73X-ROR【追記:2019.07.21】

価格:139,980 円(税別)~ ※2019年7月下旬時点
 

スペック

  • OS:Windows 10 Home 64bit
  • CPU種類:Ryzen 7 3700X
  • CPUスコア:23993
  • メモリ容量:8GB(8GB×1)
  • スロット数:4(空き3)
  • ストレージ容量(HDD容量):1TB
  • ストレージ容量(SSD容量):240GB
  • ビデオチップ:GeForce RTX 2060
 

特徴

 「LEVEL-M0B4-R73X-ROR」は最新Ryzen第3世代・3700Xを採用しており、十分なストレージとビデオチップ搭載と性能からコスパがかなり良いPCです。
 

製品情報

 

iiyama SENSE-R0X5-R93X-RFR【追記:2019.07.21】

価格:169,980 円(税別)~ ※2019年7月下旬時点
 

スペック

  • OS:Windows 10 Home 64bit
  • CPU種類:Ryzen 9 3900X
  • CPUスコア:31943
  • メモリ容量:16GB(8GB×2)
  • スロット数:4(空き2)
  • ストレージ容量(HDD容量):1TB
  • ストレージ容量(SSD容量):240GB
  • ビデオチップ:GeForce GTX 1650 4GB GDDR5
 

特徴

 「SENSE-R0X5-R93X-RFR」は「LEVEL-M0B4-R73X-ROR」と同じくRyzen第3世代最高性能の3900Xを採用しており、メモリやストレージなどの性能からコスパがかなり良いPCです。クリエイター向けPCとして設定されていることもあり、かなりおススメしたい内容になっています。
 

製品情報

 

マウスコンピューター LUV MACHINES iG810U2N-M2SH2

価格:209,800円(税別)~ ※2019年7月下旬時点
 

スペック

  • OS:Windows 10 Home 64bit
  • CPU種類:Core i9 9900K (Coffee Lake)
  • CPUスコア:20221
  • メモリ容量:16GB(8GB×2)
  • スロット数:4(空き2)
  • ストレージ容量(HDD容量):2TB
  • ストレージ容量(SSD容量):256GB
  • ビデオチップ:GeForce RTX 2070
 

特徴

 「LUV MACHINES iG810U2N-M2SH2」はゲーミングPCで採用される「GeForceシリーズ」を採用しているため、DTMだけでなくゲーミングPCとしても使えるためPCゲームを趣味にしている人におススメです。
 

製品情報

 

iiyama LEVEL-R0X5-R93X-XYVI【追記:2019.07.21】

価格:279,980 円(税別)~ ※2019年7月下旬時点
 

スペック

  • OS:Windows 10 Home 64bit
  • CPU種類: Ryzen 9 3900X
  • CPUスコア:31943
  • メモリ容量:8GB(8GB×1)
  • スロット数:4(空き3)
  • ストレージ容量(HDD容量):1TB
  • ストレージ容量(SSD容量):250GB
  • ビデオチップ:GeForce RTX 2080 Ti
 

特徴

 「LEVEL-R0X5-R93X-XYVI」は前述した「LEVEL-M0B4-R73X-ROR」と同じくRyzen3世代の最新3900XにGeForce最高スペックGeForce RTX 2080 Tiを採用しているPCです。そのため他PCより高額ですが、3900XとインテルのCore i9 9900Kの値段と性能比べるとその価値に納得できる内容になっています。DTM用だけでなくゲーミングPCとしても使いたい人におすすめです。
 

製品情報

 

スペック的におすすめなパソコン【ノートPC編】

 

HP Pavilion 15-cc100

f:id:hatemani:20180607165146p:plain

価格:86,184円(税抜)~ ※2019年3月中旬時点
 

スペック

  • ディスプレイサイズ:15.6インチ
  • 解像度:フルHD (1920x1080)
  • OS:Windows 10 Home 64bit
  • CPU種類:Core i5 8250U(Kaby Lake R)1.6GHz/4コア
  • CPUスコア:7678
  • メモリ容量:8GB
  • ストレージ容量(HDD容量):1TB
  • ストレージ容量(SSD容量):128GB
  • ビデオチップ:Intel UHD Graphics 620
  • 重量:2.17kg
 

特徴

「Pavilion 15-cc100」は1TBのHDDと128GのSSDを搭載しているノートPCです。SSDを搭載しているためOSの起動が早く、かつ十分なHDD容量のおかげでノートPCの中ではDTMに最適なPCと言えるでしょう。
 
 

製品情報

 

FRONTIER FRNLKR720/D NLKRシリーズ

価格:84,800円(税抜) ※2019年7月下旬時点
 

スペック

  • ディスプレイサイズ:15.6インチ
  • 解像度:フルHD(1920×1080)
  • OS:Windows 10 Home 64bit
  • CPU種類: Core i7 8550U (Kaby Lake R)1.80GHz/4コア 
  • CPUスコア:8288
  • メモリ容量:8GB
  • ストレージ容量(HDD容量):なし
  • ストレージ容量(SSD容量):525GB
  • ビデオチップ:Intel UHD Graphics 620
  • 重量:約2.2kg(バッテリー含)
 

特徴

「FRNLKR720/D NLKRシリーズ」はCPUは第8世代のCore i7のUシリーズ、そしてSSD容量は525GBと前述したノートPCより若干少ないもののコストパフォーマンスの高いノートPCだと思います。
 

製品情報

 

マウスコンピューター m-Book J370SN-S2

icon icon

価格:99,800円(税別)~ ※2019年7月下旬時点
 

スペック

  • ディスプレイサイズ:13.5インチ
  • 解像度:フルHD(1920×1080)
  • OS:Windows 10 Home 64bit
  • CPU種類:Core i7 8550U (Kaby Lake R)1.80GHz/4コア 
  • CPUスコア:8288
  • メモリ容量:8GB
  • ストレージ容量(HDD容量):なし
  • ストレージ容量(SSD容量):240GB
  • ビデオチップ:Intel UHD Graphics 620
  • 重量:約1.5kg(バッテリー含)
 

特徴

 「m-Book J370SN-S2」は前述した「FRNLKR720/D NLKRシリーズ」とほぼ同じスペックですがディスプレイサイズが小さい・SSDのストレージ容量が半分の代わりにコンパクト化されているといった違いがあります。
 

製品情報

 

マウスコンピューター m-Book K690BN-S2

icon icon

価格:99,800円(税別)~ ※2019年7月下旬時点

 

スペック

  • ディスプレイサイズ:15.6インチ
  • 解像度:フルHD(1920×1080)
  • OS:Windows 10 Home 64bit
  • CPU種類:Core i7 8750H (Coffee Lake)2.2GHz/6コア
  • CPUスコア:12461
  • メモリ容量:8GB
  • ストレージ容量(HDD容量):なし
  • ストレージ容量(SSD容量):240GB
  • ビデオチップ:GeForce MX150 + Intel UHD Graphics 630
  • 重量:約2.3kg(バッテリー含)
 

特徴

 「m-Book K690BN-S2」はビデオチップがGeForce MX150・Intel UHD Graphics 630となっており、グラフィック性能が一般的なノートPCより高めになっています。
 

製品情報

  

 

マウスコンピューター NEXTGEAR-NOTE i5340GA1-C

価格:119,800円(税別)~ ※2019年7月下旬時点
 

スペック

  • ディスプレイサイズ:15.6インチ
  • 解像度:フルHD(1920×1080)
  • OS:Windows 10 Home 64bit
  • CPU種類:Core i7 8700 (Coffee Lake)
  • CPUスコア:15160
  • メモリ容量:16GB(8GB×2)
  • ストレージ容量(HDD容量):1TB
  • ストレージ容量(SSD容量):512GB
  • ビデオチップ:GeForce GTX 1050 / Intel UHD Graphics 630
  • 重量:約2.5kg(ケーブルなど付属品の重量は含まず)
 

特徴

 「NEXTGEAR-NOTE i5340GA1-C」は通常ノートPC用で使われるモバイルCPUではなく、デスクトップPC用の性能が高いCPUを採用しています。そのため他のノートPCよりCPU性能が高く、それだけでなくメモリも16GB・ストレージは合計1TB以上と性能の高さとコスパの良さがあります。
 

製品情報

 

Dell New Dell G5 15 スペシャルエディション プラチナ

価格:147,980円(税抜・配送料込) ※2019年7月21日時点
 

スペック

  • ディスプレイサイズ:15.6インチ
  • 解像度:フルHD(1920×1080)
  • OS:Windows 10 Home 64bit
  • CPU種類:Core i7 9750H(Coffee Lake)2.6GHz/6コア
  • CPUスコア:13785
  • メモリ容量:8GB
  • ストレージ容量(HDD容量):1TB
  • ストレージ容量(SSD容量):256GB
  • ビデオチップ:GeForce GTX 1650
  • 重量:2.68 kg
 

特徴

「New Dell G5 15 スペシャルエディション プラチナ」はCPUに第9世代のi7を採用しており、かつストレージも1TB以上・GeForce GTX 1650とDTMだけでなくゲーミングPCとしても優秀なノートPCです。また、デュアルファン冷却システムによる排熱対策もあるどなど、いろいろ考えられているスペックとなっています。
Dell製品は公式HPにあるクーポン使用でお得に購入できるため、Dell製品購入の際にはクーポン内容をチェックして利用すると良いでしょう。
 

製品情報