ONGEN OPT

DTMについて役立ちそうな情報をまとめてるブログ

【2019年】価格別!DTMに最適なモニタースピーカー【おすすめ】

f:id:hatemani:20180924094103j:plain

【2019.06.26に商品リンクを更新しました】

DTMで制作した曲の確認には音を出力して聴くヘッドフォンやスピーカーがあり、それぞれ音の聴こえ方が違うため両方聴き比べて調整するという人は少なくありません。
しかしスピーカーでの確認で注意したい点として使用するスピーカーの種類があります。
一般的に使用される「リスニングスピーカー」は音の聴こえ方に特徴があるよう調整されており、別のスピーカーでは聴こえ方がまったく違ってしまいます。
対して、今回紹介する「モニタースピーカー」はリスニングスピーカーと違い、どの環境で聴いても素の音になるよう調整がされています。
モニタースピーカーは高音質かつ元の音声を再現できるかなど精度に大きくかかわってくるため、ミックスやマスタリングで完成度を上げたいなどのこだわりがある人にはモニタースピーカーは必要不可欠です。
今回はそんなDTMに最適なモニタースピーカーを価格別に紹介します。

 

スピーカーの種類について

 

モニタースピーカーには「アクティブモニター(パワードモニター)」と「パッシブモニター(ノンパワードモニター)」があります。
アクティブモニターはパワーアンプが内蔵されており、ライン信号を直接入力できます。
アンプとスピーカーの相性を気にせず使用できる点からアクティブモニターを選ぶ人が多いです。
対するパッシブモニターはパワーアンプが内蔵していないため別途アンプが必要になります。
また、アンプとスピーカーの相性を試す必要があるため良い組み合わせを見つけるのに時間がかかる可能性があります。

 

ペアで2万円まで

NUMARK N-Wave 580L

NUMARK ( ヌマーク ) / N-Wave 580L

 

NUMARK N-Wave 580Lはサイズ30cm程度とコンパクトでありながらパワフルな音声を出力してくれる2ウェイ・パワードモニターです。
1インチ・シルクドーム・ツィーターと5.25インチ・ウーファーを搭載。そして最大40Wの高出力アンプもあって自宅以外でも活躍が期待できます。

 

スペック

  • 定格最大出力:40W(20W×2)
  • 再生周波数帯域:55Hz〜20kHz
  • 最大音圧レベル:-
  • 入力端子:1/4” TRSオーディオ入力端子(L/R)、RCAステレオ入力端子、1/4” TRSスピーカー左右接続用端子、4ピンLED左右接続用端子
  • サイズ(W×H×D):約184mm×270mm×229mm
  • 重量:右スピーカー約3.4kg、左スピーカー約3.1kg
  • 消費電力:-

商品リンク

 

BEHRINGER MS40

BEHRINGER ( ベリンガー ) / MS40 Digital Monitor Speakers

 

BEHRINGER MS40はコンパクトでありながら最大40Wの高出力のパワードモニターです。
超高解像度の24bit/92kHzのDAコンバーターを搭載、アナログ2系統・デジタル1系統の入力が可能など、映画観賞用からレコーディングといったさまざまな場面で活躍が期待できます。

 

スペック

  • 定格最大出力:40W(20W×2)
  • 再生周波数帯域:50Hz~25kHz
  • 最大音圧レベル:-
  • 入力端子:LINE1 ミニステレオ、LINE2 RCAピン
  • サイズ(W×H×D):173mm×279mm×245mm
  • 重量:右スピーカー4.9kg、左スピーカー3.2kg
  • 消費電力:90W

商品リンク

 

PRESONUS Eris E4.5

PRESONUS ( プレソナス ) / Eris E4.5

 

PRESONUS Eris E4.5は卓上でも使える2ウェイ・ニアフィールド・アクティブモニターです。
25WクラスA/Bアンプを備えた4.5インチKevlar低域ドライバーに1インチ(25mm)シルクドーム・ツイーターなど、さまざまな音響調整コントロールが搭載された高品質多機能な一品。
それでいてサイズが25cm程度、重さもペアで6kg程度とかなりコンパクトとかなりおススメしたいモニタースピーカーです。
アクティブ・ユニットとパシッブ・ユニットを含めてこのサイズなので置くスペースをあまり気にせず使用できるのも嬉しいポイント。

 

スペック

  • 定格最大出力:25W
  • 再生周波数帯域:70Hz~20kHz
  • 最大音圧レベル: @1m:100dB
  • 入力端子:TRS PHONE×2 (バランス)、RCA×2 (アンバランス)、ステレオミニAUX×1
  • サイズ(W×H×D):163mm×241mm×180mm
  • 重量:ペアで合計5.9 kg
  • 消費電力:-

商品リンク

ペアで2万円~4万円

YAMAHA HS5

YAMAHA ( ヤマハ ) / HS5 PAIR 定番スタジオモニター

 

YAMAHA HS5は最大70W出力の2ウェイ・パワードスタジオモニターです。
LFに5インチウーファー、HFに1インチドームツイーター採用の2ウェイバスレフ型のモニタースピーカーで、サイズも30cm程度とさまざまな用途に合わせて使用できます。

 

スペック

  • 定格最大出力:70W(LF45W+HF25W)
  • 再生周波数帯域:54Hz~30kHz
  • 最大音圧レベル:-
  • 入力端子:XLR/PHONE(バランス)
  • サイズ(W×H×D):170mm×285mm×222mm
  • 重量:5.3kg
  • 消費電力:45W

商品リンク

 

IK MULTIMEDIA iLoud Micro Monitor

IK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア ) / iLoud Micro Monitor

 

IK MULTIMEDIA iLoud Micro Monitorは最大出力50Wの2ウェイ・スタジオモニターです。
3インチ・ウーファーと3/4インチ・シルク・ドーム・ツィーターを搭載。
DSPがコントロール可能なEQスイッチや音の乱反射を補正するDESKTOPスイッチも装備されており、環境に合わせた設定がしやすくなっています。
また、Bluetooth接続にも対応しており、モニター用以外にリスニング用としても活躍してくれます。

 

スペック

  • 定格最大出力:50W
  • 再生周波数帯域:55Hz~20kHz(-3dB)、45Hz~22kHz(-10dB)
  • 最大音圧レベル: @50cm:107dB
  • 入力端子:RCA入力×2(ケーブル付属)、TRSミニステレオ入力
  • サイズ(W×H×D):90mm×180mm×135mm
  • 重量:1720g(左スピーカー920g、右スピーカー800g)
  • 消費電力:-

商品リンク

 

TANNOY Reveal 402

 TANNOY ( タンノイ ) / Reveal 402 Pair

 

TANNOY Reveal 402は最大出力50Wのスタジオモニターです。
4インチ・ウーファーと3/4インチ・ツイーター搭載し、コンパクトな見た目以上の迫力があるサウンドを体験できます。
また、音楽プレイヤー用AUX LINK機能もあり、付属のミニジャックケーブルで音楽プレイヤー・スマートフォン・タブレットを直接接続可能。外部機器を仲介しないで使用できる特徴もあります。

 

スペック

  • 定格最大出力:50W(LF/ミッドレンジ25W、HF25W)
  • 再生周波数帯域:56~48kHz
  • 最大音圧レベル:101dB
  • 入力端子:XLR(バランス)、1/4"標準ジャック(アンバランス)、1/8"ミニジャック(AUX Link)
  • サイズ(W×H×D):240mm×147mm×212mm
  • 重量:5.2kg
  • 消費電力:96W(最大)

商品リンク

ペアで4万円~6万円

YAMAHA MSP5 STUDIO

 YAMAHA ( ヤマハ ) / MSP5 STUDIO PAIR 定番スタジオモニター

 

YAMAHA MSP5 STUDIOは2ウェイ・バスレフ型バイアンプ・ニアフィールドモニターです。
原音に忠実な再生能力を徹底的に追求して開発されたワードモニタースピーカー「MSP5A」の後継機種にあたり、5インチ・コーンウーファーと1インチ・チタンドームツイーターを搭載しています。

 

スペック

  • 定格最大出力:67W(LF40W+HF27W)
  • 再生周波数帯域:50Hz~40kHz (-10dB) 
  • 最大音圧レベル:101dB, 1m on Axis
  • 入力端子:XLR-3-31 (バランス)、PHONE (アンバランス)
  • サイズ(W×H×D):179mm×279mm×208mm
  • 重量:7.9 kg
  • 消費電力:60W

商品リンク

 

JBL LSR308

JBL ( ジェービーエル ) / LSR308

 

JBL LSR308はイメージコントロールウェーブガイド搭載のパワード・スタジオモニターです。
音像の再現に優れているだけでなく広いスイートスポットもあり、リスニングからモニターまで活躍が期待できます。
また、高域(4.4kHz)と低域(115Hz)それぞれにレベルを±2dB変更できるTRIMスイッチも搭載。
スピーカーの設置環境や音源に応じて周波数特性を微調整できるため環境作りに幅が広がることでしょう。

 

スペック

  • 定格最大出力:112W(56W×2)
  • 再生周波数帯域:37Hz~24kHz(-10dB)
  • 最大音圧レベル:1m@112dB
  • 入力端子:XLR、標準フォーン(3P)
  • サイズ(W×H×D):257mm×423mm×300mm
  • 重量: 8.8kg
  • 消費電力:20W(1/8 出力時、ピンクノイズ)

商品リンク

 

TANNOY Reveal 502

TANNOY ( タンノイ ) / Reveal 502 Pair

 

TANNOY Reveal 502は最大出力75Wのスタジオモニターです。
5インチ・ウーファーと1インチ・ソフトドームツイーター搭載。
同シリーズのTANNOY Reveal 402より若干サイズアップした印象ですが、出力や再生周波数帯域などの違いからどう選ぶか考えたいところ。
こちらも音楽プレイヤー用AUX LINK機能有です。

 

スペック

  • 定格最大出力:75W(LF/ミッドレンジ50W、HF25W)
  • 再生周波数帯域:49~43kHz
  • 最大音圧レベル:108dB
  • 入力端子:XLR(バランス)、1/4"標準ジャック(アンバランス)1/8"ミニジャック(AUX Link)
  • サイズ(W×H×D):184mm×300mm×238mm
  • 重量:-
  • 消費電力:120W

商品リンク

 

YAMAHA HS7

 YAMAHA ( ヤマハ ) / HS7 PAIR

 

YAMAHA HS7は最大出力95W・バイアンプ仕様の2ウェイ・パワードスタジオモニターです。
YAMAHA HS5と同シリーズですが、6.5インチウーファーと1インチドームツイーターの採用によってサイズアップした分の出力アップや再生周波数帯域などの違いがあります。

 

スペック

  • 定格最大出力:95W(LF60W、HF35W)
  • 再生周波数帯域:43Hz~30kHz
  • 最大音圧レベル:-
  • 入力端子:XLR/PHONE(バランス)
  • サイズ(W×H×D):210mm×332mm×284mm
  • 重量:8.2kg
  • 消費電力:55W

商品リンク

ペアで6万円以上

ADAM AUDIO A5X

 ADAM AUDIO ( アダムオーディオ ) / A5X

 

ADAM AUDIO A5Xは最大出力100Wのマルチメディア/スタジオモニターです。
メーカー独自のX-ART ツィーターを搭載し、5.5インチのベース/ミッドウーファーが2.5kHz以下の帯域で再生。
また、素材がカーボン/ロハセル/ガラスを採用しているおかげで重量の軽量化もあってコンパクトながらダイナミックな広域再生が期待できます。

 

スペック

  • 定格最大出力:100W(50W×2)
  • 再生周波数帯域:50Hz~50kHz
  • 最大音圧レベル:1m@≧110dB
  • 入力端子:XLR(バランス)、RCA(アンバランス)
  • サイズ(W×H×D):170mm×280mm×220mm
  • 重量:6.6kg
  • 消費電力:-

商品リンク

 

ADAM AUDIO A7X

ADAM AUDIO ( アダムオーディオ ) / A7X

 

ADAM AUDIO A7XはADAM AUDIO A5Xと同じAXシリーズのニアフィールドモニターです。
メーカー独自のX-ART ツィーターと7インチウーファー搭載し、パワーのある正確な音から数々の賞を受賞し、ユーザーからも多くの支持を受けました。

 

スペック

  • 定格最大出力:150W(100W+50W)
  • 再生周波数帯域:42Hz~50kHz
  • 最大音圧レベル:≧114dB
  • 入力端子:XLR(バランス)、RCA(アンバランス)
  • サイズ(W×H×D):201mm×337mm×280mm
  • 重量:9.2kg
  • 消費電力:170W(最大)

商品リンク