ONGEN OPT

DTMについて役立ちそうな情報をまとめてるブログ

【Cakewalk by BandLab 】アドオンのインストール方法と起動方法

f:id:hatemani:20181012203549j:plain

cakewalk by bandlabではいくつかのアドオンを無料で使用できます。一部試用版のものもありますが、いろいろ役立つため自分の環境に合わせて利用すると良いでしょう。今回はそんなアドオンのインストールから起動方法までを簡単に説明します。

 

アドオンの種類と概要

Studio instruments Suite

Studio instruments Suiteは4種類の音源が収録されています。

  • エレクトリックピアノ音源「SI-Electric Piano」
  • ストリングス音源「SI-Strings」
  • ベース音源「SI-Bass Guitar」
  • ドラム音源「SI-Drums」 
 

Drum Replacer

Drum Replacerは録音されたドラムの各パーツごとの音を別の音に置き換えることができるプラグインです。例えば1つのトラックになったドラムオーディオからスネアだけ別の音に置き換えたり残響だけ取り除いたりすることができます。

 

Melodyne(30日間試用版)

Melodyneはボーカルや楽器などのオーディオデータのピッチ補正やタイミング補正などできるツールです。ちょっとした修正なら気にならない程度にできるなど再録の手間を減らしてくれます。ただし試用版のため無料利用は30日間。試用期間中に今後について検討しながら利用しましょう。

 

Theme Editor

cakewalkのGUIを編集、加工できるエディターです。Prochannelやcakewalkに付属するプラグインのパネルの色や柄などを変更できます。 

 

インストール

 
アドオンは『BandLab Assistant』からインストールできます。
Studio instruments SuiteとDrum Replacerはダウンロード終了後に自動でインストールされますが、Melodyne 4とThema Editorはインストール画面が表示後に手順に沿ってインストール作業を進める必要があります。

 

アドオンのインストール方法

f:id:hatemani:20180930125133p:plain

①BandLab Assistantを起動します。

 

f:id:hatemani:20180930135729p:plain

②Appsタブを開き、cakewalk by bandlabのプルダウンから『Install Add-ons...』をクリックします。

 

f:id:hatemani:20180930140234p:plain

③インストール可能なアドオンが表示されるので、インストールしたいアドオンにチェックを入れて『Install』をクリックします。

 

f:id:hatemani:20180930140414p:plain

④ダウンロードが開始されます。ダウンロードが完了するまで待ちます。

 

f:id:hatemani:20180930183809p:plain

⑤ダウンロードが完了すると自動でインストールが始まります。Melodyne 4とThema Editor以外はそのままインストールが進みます。

 

Melodyne 4のインストール

アドオンの自動インストールが進んでMelodyne 4のインストールタイミングになるとインストール画面が表示されます。以下の手順に沿ってインストールを進めます。

 

f:id:hatemani:20180930183900p:plain

 ①使用したい言語(ここでは日本語)を選択し、『次へ』をクリックします。

 

f:id:hatemani:20180930183953p:plain

②内容を確認して『次へ』をクリックします。

 

f:id:hatemani:20180930184043p:plain

③内容を確認して『同意します』にチェックを入れ『次へ』をクリックします。

 

f:id:hatemani:20180930184208p:plain

④自分のDAW環境に合わせて32bitもしくは64bitのVST2にチェックを入れて『次へ』をクリックします。

 

f:id:hatemani:20180930184237p:plain

⑤32bitのVSTのインストール先を指定して『次へ』をクリックします。

 

f:id:hatemani:20180930184316p:plain

⑥64bitのVSTのインストール先を選択して『次へ』をクリックします。

 

f:id:hatemani:20180930184405p:plain

⑦『インストール』をクリックします。

 

f:id:hatemani:20180930184431p:plain

⑧InstallShield Wizardの完了画面が表示されたら『完了』をクリックして終了させます。

 

Cakewalk Thema Editorのインストール

Cakewalk Thema EditorのインストールはデスクトップまたはWindowsのスタートメニューから『Cakewalk Theme Editor』を起動させます。初回起動時にセットアップウィザードが表示されインストールを行います。

 

f:id:hatemani:20180930202405p:plain

①Cakewalk Theme Editorのセットアップウィザードが表示されたら『Next』をクリックします。

 

f:id:hatemani:20180930202924p:plain

②インストールフォルダを指定して『Next』をクリックします。場所を変更しない場合はデフォルトの場所でOKです。

 

f:id:hatemani:20180930203138p:plain

③『参照』をクリックして使用するイメージエディターの実行ファイル(.exe)を選択し、『Next』をクリックします(※Cakewalk Thema Editorから画像を編集する場合、Windows標準のペイントアプリなどの外部のイメージエディターを呼び出して行っています)

 

f:id:hatemani:20180930204804p:plain

④『Finish』をクリックしてセットアップが完了します。

 

アドオンを使う

 

インストールしたアドオンについて使用方法を簡単に説明します。

 

Studio instruments Suite

f:id:hatemani:20181007192325p:plain

Studio instruments Suiteには4つの音源が含まれます。cakewalkを起動してPluginsタブの『Instruments』から読み込みたい音源をダブルクリックしてトラックに追加します。

Studio instruments Suiteは以下のフォルダに分類されています。

  • SI-Electric Piano:Piano(エレクトリックピアノ音源)
  • SI-Strings:Strings(ストリングス音源)
  • SI-Bass Guitar:Bass(ベース音源)
  • SI-Drums:Drum (ドラム音源)

 

SI-Electric Piano

f:id:hatemani:20181007193001p:plain

SI-Strings

f:id:hatemani:20181007193401p:plain

SI-Bass Guitar

f:id:hatemani:20181007193509p:plain

SI-Bass Guitar

f:id:hatemani:20181007193555p:plain

 

Drum Replacer

f:id:hatemani:20181008202331p:plain

Drum Replacerでは録音されたドラムの各パーツ毎の音を別の音に置き換えができます。Drum Replacerを使うにはドラムトラックを選択して『Region FX』をクリックし『Drum Replacer>Region FXの作成』を選択します。

 

f:id:hatemani:20181008202644p:plain

Drum Replacerが起動すると上の画像のように編集画面が表示されます。

 

f:id:hatemani:20181008203039p:plain

キックやスネアなどのドラムパーツの検出には周波数帯域とスレッショルドにて設定します。Filterノブで周波数を設定し、Thresholdを上下に動かしオーディオ信号がThresold以上の音を任意の音源に置き換えます。オーディオ信号の波形の下にオレンジマークが付いたところが検出した位置になります。

 

Melodyne

f:id:hatemani:20181008205018p:plain

Melodyneはボーカルや楽器などのオーディオデータのピッチ補正やタイミング補正などができるツールです。Melodyneを使うにはボーカルトラックを選択して『RegionFX』をクリックし『Melodyne>Region FXの作成』を選択します。

 

f:id:hatemani:20181008205235p:plain

Melodyneが起動すると上の画像のように編集画面が表示されます。Melodyneの操作説明はここでは省略します。

 

Cakewalk Theme Editor

f:id:hatemani:20181008205544p:plain

cakewalkのGUIを編集、加工が可能なアドオンです。Prochannelやcakewalkに付属するプラグインのパネルの色や柄などを変更できます。
WindowsのスタートメニューからCakewalk Theme Editorを起動させます。ここではCakewalk Theme Editorの操作説明は省略します。