ONGEN OPT

DTMについて役立ちそうな情報をまとめてるブログ

【Cakewalk by BandLab】録音方法とレコーディング時に使える便利な機能【ボーカル・楽器】

f:id:hatemani:20180607114132j:plain

Cakewalk by BandLabでは、さまざまな方法で録音することができます。打ち込みだけでなく生演奏の要素を組み合わせることで、オリジナリティのある楽曲制作が可能です。

 
この記事では
 
  • 録音をするために必要な事前準備
  • トラック作成から録音するまでの操作方法
  • 録音に便利な機能

を説明します。

 

1. 環境設定(録音の準備)

 

場所:「編集」>「環境設定」

ここでは録音前の準備について説明します。録音の際には以下の設定が必要です。

  1. オーディオデバイスの設定
  2. レイテンシの設定
  3. 録音モードの設定

これら3つは環境設定を開いて設定します。

 

 

1.1 オプションタブ>ドライバモードの設定

場所:「オーディオ」>「オプション」

オーディオデバイスのドライバモード設定を行うにはオプションタブを開きます。すでにCakewalk by BandLabでオーディオデバイスを使用している場合、設定は不要です。

 

ドライバモードの設定

ASIOドライバに対応したオーディオインターフェイスを使用する場合、ドライバモードは「ASIO」に設定します。一方、パソコンのオーディオ端子やUSBヘッドセットなどの場合は通常「WASAPI排他」で設定します。

CHECK:ドライバモードの違い

 

WDM/KS
MMEよりもレイテンシが低い。WASAPIが普及する前での低レイテンシなwindows標準デバイスドライバで、WASAPIがうまく動作しない場合はこちらを使用。

WASAPI排他
ASIOが使用できない環境での最有力候補。排他モードはcakewalkを使用しているときは他のアプリでの音が出ないが、音質が高い。

WASAPI共有
WASAPIを使用しつつ、他のアプリでも音を出したい場合に使用。排他モードより音質は悪い。

ASIO
ASIOドライバに対応したオーディオインターフェイスを使用している場合に選択(オーディオインターフェイスがASIOドライバ対応かは取説・仕様書で確認してください)

MME(32-Bit)
レイテンシーが高くまた、サウンドミキサーを経由するため音の劣化が顕著。他のモードが動作しない場合を除いて、通常は選択しない。

 

 

1.2 デバイスの選択タブ

場所:「オーディオ」>「デバイスの選択」

ここでは録音時に使用するオーディオデバイスのリスト設定を行います。

 

使用する入力デバイスを選択

  1. 「デバイスの選択」タブを開く
  2. 「入力デバイス」の録音に使用するデバイス全てにチェックを入れる

ここでチェックを入れていないチャンネルは、録音時にトラックで指定する入力リストにも表示されません。必ず確認してください。

CHECK:オーディオデバイスがPCに接続しているのに表示されない

 

「入力/出力デバイスの選択」ではドライバモードによって認識したデバイス一覧が表示されるため、先に『1.1 オプションタブ>ドライバモードの設定』が必要。

 

 

1.3 デバイスの設定タブ

場所:「オーディオ」>「デバイスの設定」

デバイスの設定タブに移動して以下の設定を行います。

 

1. 再生・録音タイミングマスタの設定

「デバイスの設定」から「再生タイミングマスタ」と「録音タイミングマスタ」を録音に使用する1つのデバイスを設定する。

f:id:hatemani:20200804100200p:plain

POINT:再生・録音タイミングマスタ

 

録音用のオーディオデバイスが複数あるとき、どちらかのデバイスを同期用のマスターデバイスとして使用する。デバイスが1つであってもデバイスのどちらかのチャンネル設定が必要。

 
 

2. ミキシングレイテンシの設定

ミキシングレイテンシの設定は録音において重要です。
レイテンシは遅延時間を指し、大きなレイテンシは音が遅れて聞こえる原因になります。そのため録音するときは可能な限りレイテンシを小さくすることが重要です。ただしレイテンシを小さくするとVSTプラグインを使用した場合のCPU使用率が上昇する可能性があります。録音時はプラグインを無効にしておくと良いでしょう。

ドライバーモードが「ASIO」の場合:

  • 「ASIOパネルボタン」をクリック
  • オーディオデバイスの専用画面からバッファサイズを小さく設定

ドライバーモードが「ASIO」以外の場合:

下の図にあるミキシングレイテンシの「バッファイサイズ」を最小値に設定します。

 

1.4 録音タブ

場所:「プロジェクト」>「録音」

ここでは録音方法の詳細を設定します。通常は複数テイクの録音が可能な「コンピング」モードが使いやすいです。

CHECK:録音モードの違い
 

コンピング
複数テイクを録音後、選んで1つのトラックに組み合わせる。新しいテイクを録音すると前のテイクは自動的にミュートされ、最新の録音だけが有効になる。その後、好きな部分を選べば一本のトラックが完成する。何度も録音する場合に特に便利。

上書き
録音するたびに常にクリップに上書きされ、元の音は消去される。常に最新に録音されたものだけになる。

サウンドオンサウンド
常に既存の音に録音された音がミックスされる。コンピングや上書きと違って録音ごとにミックスされたクリップが生成され、さらに録音中に前回の音も再生される。

 

 

2. 録音する

 

録音の環境設定が完了したら、実際に録音をしてみましょう。ここではトラックの作成から録音するまでの操作を説明します。

 

2.1 録音するトラックの作成と設定

手順1.オーディオトラックの作成

  1. トラックビューで、空白の領域で右クリックします。
  2. 表示されるコンテキストメニューから「オーディオトラックの挿入」を選択します。

 

手順2.オーディオトラックに録音用デバイスを設定

  1. 作成したオーディオトラックの下端をドラッグして、トラックの詳細設定を表示します。
  2. 詳細設定ウィンドウ内で、インプット項目を見つけます。デフォルトでは「なし」に設定されています。
  3. インプット項目をクリックして、ドロップダウンメニューを表示させます。
  4. メニューから録音に使用するデバイス名を選択します。

録音に使用するデバイスが表示されない場合は『1. 環境設定(録音の準備)』を参照して設定します。

 

 

手順3.録音するトラックでインプットデバイスに音が入力できることを確認

インプットモニターをONにして入力音を確認します。レベルメーターが動かない場合、チャンネル選択の誤りかオーディオインターフェイスの入力レベル設定が小さい可能性があります。

 

手順4.クリップしていないことを確認する

録音トラックのメーターを確認し、録音する前に録音機器の入力レベルの調整をします。
※録音時の最大音が「0.0」を必ず超えないようにしてください。

 

2.2 録音する

手順1.トラックを録音待機状態にする

録音を開始する前に録音待機状態に設定します。下の図の録音マークをクリックし、録音待機状態にします(必要なら複数のトラックを録音待機状態に)

 

手順2.録音を開始する

コンソールビューの録音ボタンをクリックすると録音待機状態トラックの録音を開始します。

【ショートカットキー】(トラックが録音待機状態のとき)録音の開始 / 停止:R

 

2.3 繰り返し録音する

 

繰り返す範囲を選択して画像右上のループボタン下にある「選択範囲をループ区間に設定」ボタンをクリックします。ループ区間に設定されると下の図のように黄色範囲が表示され、その区間を繰り返します(ループを解除する場合はループボタンで解除します)

 

2.4 録音モードによる操作の違い

 

録音モードによって録音したオーディオデータに対して操作が異なります。
録音モードの詳細説明は『1.4 録音タブの【CHECK:録音モードの違い】』を参照してください。

CHECK:録音モード別の操作について

 

  • コンピング
    複数回録音後、各テイクから好きな場所を選択して1つのクリップを作成。最初は最新クリップしか表示されないが、トラック左のテイクレーンボタン(画像のオレンジマーク)を押すと全テイクが表示される。
    マウスを波形の下半分に持って行くと範囲選択モードになり、そこで範囲を指定してトラックを完成させる。

 クリップの左右をマウスでドラッグすることで選択範囲を変更することも可能。

 
  • 上書き
    上書きは特に操作は必要なく、録音が完了した時点でクリップが完成します。
  • サウンドオンサウンド
    こちらも特に操作は必要なく、録音が完了した時点でクリップが完成します。

 

 

2.5 コントロールバーから録音モードを変更する

 

環境設定から録音モードを設定する方法は上で説明しましたが、コントロールバーからも録音モードを変更できます。
コントロールバーの録音ボタンを左クリック長押しで録音モードの設定が開き、録音モードを変更できます。また、録音ボタンを右クリックで環境設定の録音タブを開くことも可能です。

f:id:hatemani:20200804100626p:plain

 

2.6 部分録音機能(オートパンチ録音)

 

部分的な録り直しはオートパンチ録音機能を使用すると便利です。事前に録音範囲を設定すると、その部分だけが録音されます。これによって修正箇所に集中し、自然な仕上がりが可能です。

 

オートパンチのイメージ

 

手順1. オートパンチ区間の設定

オートパンチ設定にする範囲を決め、下の図に表示されているオートパンチボタンの下にある「選択範囲をパンチ区間に設定」ボタンをクリックします。赤でパンチ区間が表示され、オートパンチボタンが黄色く点灯します。

 

手順2. 録音開始

そのまま録音することでパンチ区間外は録音されず、パンチ区間のみ録音されるようになります。

TIPS:良質な録音にはマイクとオーディオインターフェイス

 

録音は音質を気にしない場合はパソコンに内蔵されている機能だけでも可能ですが、DTMなど音楽用途の音を録音したい場合はボーカル・音楽問わずマイクとオーディオインターフェイスが必要不可欠になります。

録音するにあたってボーカルでも楽器でもマイク選びは音のクオリティを左右する非常に重要な機材となります。ここではマイクの種類についてとボーカルに適したマイクを価格別に紹介します。 本ページではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています
 
DTMを始めると「音質が悪い」「録音ができない」「レイテンシー(遅延)が高い」といった環境によるさまざまな問題に頭を悩ませてくる人もいるでしょう。これらの問題を解決するアイテムがオーディオインターフェイスです。パソコンに内蔵されているサウンド機能はリスニング用なら問題なくてもDTMなど音楽用途として使うとなると音質やレイテンシーなどの問題が現れ難易度が跳ね上がります。そのため今回はこれらの問題を解決するおすすめしたいオーディオインターフェイスを価格別に紹介します。 本ページではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています
 

 

3. オーディオファイルに保存

3.1 録音したトラックをオーディオファイルに保存

場所:トラック全体が選択状態で「ファイル」>「エクスポート」>「オーディオ」

手順1.対象のトラックを選択してエクスポート

オーディオファイルに保存するには、まず対象のトラックを選択します。
トラック左上の数字部分をクリックして全体を選択。次に「エクスポート」から「オーディオ」を選びます。

f:id:hatemani:20200804100611p:plain

 

手順2.エクスポートの詳細設定

②エクスポート画面で「ファイル名」「チャンネルフォーマット」「サンプルレート」「ビット数」を設定し、保存します。サンプルレートとビット数は録音設定に合わせてください。詳細は以下の記事で解説しています。

オーディオエクスポートの方法

Cakewalk by BandLabのオーディオエクスポート画面では、ミックスダウン後のファイル出力だけでなくトラックごとのファイル出力もできるようになっています。また、タスクキュー機能を使うことで、複数の設定によるファイル出力を一度の操作で実行できます。
 

f:id:hatemani:20200804100759p:plain

 

関連記事まとめ

Cakewalk by BandLabの使い方

本サイトではCakewalk by BandLabの様々な使い方について紹介しています。例えば、録音方法や音源・プラグイン使用法、ボーカルミキシングなどさまざまです。

この記事は本サイトのCakewalk by BandLabに関する記事の一覧を紹介します。

 

ボーカルミキシングの準備

このシリーズでは初心者向けに比較的簡単な操作でできるボーカルミキシングの紹介をします。カラオケ音源とボーカル音源をミックスするにあたって、ボーカルを目立たせることや曲と違和感なく一つにすることが重要です。ボーカルミキシングをおこなうにはまず準備が必要不可欠です。準備をするしないでは作業効率が大きく変わり、仕上がりにも関わってきます。今回はcakewalkの機能のみを使ったボーカルミキシング、その準備についてお話しします。
 

ボーカルトラックの処理

このシリーズでは初心者向けに比較的簡単な操作でできるボーカルミキシングの紹介をしています。前回はボーカルミキシングをするうえで必要な準備についてお話ししましたが、第2回目はミックスのために必要なボーカルトラックの処理についてお話しします。ボーカルトラックの処理はボーカルを目立たせ、なおかつ曲と違和感なく一つに融合させるために綺麗な状態にする工程です。
 

仕上げと書き出し

このシリーズでは初心者向けに比較的簡単な操作でできるボーカルミキシングの紹介をしています。前回までボーカルミキシングをするうえで必要な準備とボーカルトラックの処理についてお話ししましたが、第3回目は仕上げから書き出しについてお話しします。仕上げは曲の仕上がりを左右させる工程なため、こだわる人は納得がいくまで時間をかけてしまう部分です。また、書き出しも用途によってさまざまな方法があるので自分が使いたい方法を選んで使用する必要があります。