ONGEN OPT

DTMについて役立ちそうな情報をまとめてるブログ

【cakewalk by BandLab】作業を効率化するために必ずやっておきたい5つの方法【SONAR】

f:id:hatemani:20180524182016j:plain

曲制作以外でも言えることですが、ルーチン化した作業はテンプレート化することで作業効率を上げて本来時間かけるべきところに力を使いたいところ。

今回はcakewalk by BandLabを使う上で作業を効率化するために必ずやっておきたい方法について説明します。

 

プロジェクト・トラック

プロジェクトテンプレート(ひな形)を作成する

cakewalk by BandLabを立ち上げて新しいプロジェクトを作った後、毎回バスに同じエフェクトを挿入したり同じ音源を立ち上げたりする時があるかと思います。このようなルーチン化した作業がある場合、プロジェクトをテンプレートに保存することで曲制作を効率に進めることができます。
また、ショートカットキー「Ctrl+N」で新規プロジェクトを開くときにデフォルトプロジェクトを任意のテンプレートにする方法も一緒に説明します。
 
こんな時に便利
  • プロジェクトを作成して毎回同じ作業をする場合、その作業を省略できる
  • 録音・作曲・ミックス・マスタリングとプロジェクトを分けて作業する場合
 

Ⅰ テンプレート作成方法

 

f:id:hatemani:20180526184017p:plain

ファイル>名前を付けて保存をクリックし、ファイルダイアログを開きます。

 

f:id:hatemani:20180526184035p:plain

②ファイルダイアログが開いたらファイルの種類を「Cakewalkテンプレートファイル」に設定します。テンプレートファイルは任意の場所に保存できますが、cakewalk by BandLabのテンプレートファイルフォルダがあるのでそこに保存しておくほうが良いでしょう。
 
「フォルダへ移動」から「テンプレートファイル(.CWT,.TPL)」を選択します。選択後、テンプレートフォルダに移動します。このときテンプレートにわかりやすい名前を付けてテンプレートフォルダに保存しましょう。

 

Ⅱ デフォルトテンプレートファイルにする

 

デフォルトテンプレート(Ctrl+N)で開くテンプレートは、テンプレートフォルダにある「Basic.cwt」となります。そのため「Basic.cwt」ファイルを自分のよく使うテンプレート内容にしておけば便利です。

 

トラックテンプレートを作成する

オーディオトラックやインストゥルメントトラックはテンプレートを作成できます。
音源ごとに決まったオーディオFXやProChの設定、バストラックへのOUTPUT設定などを毎回行うのは結構な手間がかかります。そういったときに便利なのがトラックテンプレートを作り、トラックテンプレートからトラックを作成するという方法です。
 
こんな時に便利
  • VSTインストゥルメントごとにいつも使うエフェクトがある場合
  • トラック作成後にいつも決まったルーチンワークがある場合
  • ドラムをパラアウトする場合
 

Ⅰ トラックテンプレートの作成方法

 

f:id:hatemani:20180526184102p:plain

①テンプレートにしたいトラックを選択し、右クリック>トラックテンプレートに保存を選択します(「トラックテンプレートに保存」は複数トラックを選択できます)

 

f:id:hatemani:20180526184112p:plain

②わかりやすい名前を付けて保存します(トラックテンプレートの拡張子は「.cwx」)トラックテンプレートフォルダ内にフォルダを作成するとテンプレートを読み込むときにフォルダ分けされるため、必要に応じてフォルダを作成しましょう。

 

Ⅱ トラックテンプレートの読み込み

 

f:id:hatemani:20180526184129p:plain

トラックビューで右クリック>トラックテンプレートから挿入>任意のテンプレートを選択でテンプレートにしたトラックが挿入できます。

 

エフェクト・MIDI

FXChainでエフェクトの組み合わせを保存する

FXChainはエフェクトの組み合わせを作成できるラックです。FX欄(FXラック)またはProChannelから呼び出しが可能です。
また、FXChainのフロントパネルにつまみやボタンを作ることもでき、つまみやボタンに連動してFXChain内のプラグインパラメータを同時に変動させることもできます。
 
こんな時に便利
  • ボーカル用・ギター用・ピアノ用など決まったエフェクトの組み合わせがある場合
  • 複数のプラグインを同時に操作したい場合
  • 自分好みの操作性を求める場合
 

Ⅰ FXChainを作成する

 

f:id:hatemani:20180526184141p:plain

①FXラックで右クリック>FX Chainの挿入をクリックします。

 

f:id:hatemani:20180526184148p:plain

②FXChainが開いた後「IN→→OUT」と書いてあるあたりで右クリックをします。

 

f:id:hatemani:20180526184158p:plain

オーディオFXの挿入を選択して好きなプラグインを追加します。

 

f:id:hatemani:20180526184208p:plain

 ④プラグインの追加を繰り返し、エフェクトの組み合わせを作成します。

 

Ⅱ FXChainを保存する

 

f:id:hatemani:20180526184232p:plain

FXChainの画面上で右クリックし、FXChainプリセットを保存をします。ダイアログが表示されたら分かりやすい名前を付けて保存しましょう。

 

FXChainの補足
 

f:id:hatemani:20180526184243p:plain

FXChainではフロントパネルに壁紙やボタン・つまみ・フェーダーを配置することができます。フロントパネルを右クリックしてつまみの追加やボタンの追加をクリックして配置していきます。

 

f:id:hatemani:20180526184257p:plain

フロントパネルに表示される名前と配置位置、操作するパラメータを1つ以上設定します。

 

f:id:hatemani:20180526184330p:plain

パネルの背景を変更する場合はFXChainのフロントパネルで右クリック>パネルのカスタマイズで設定します。「C:\Cakewalk Content\Cakewalk Core\FX Chain Graphics」に使用できる画像ファイルがあるので、そこから選択します。

 

ProChannelでよく使う設定を保存しておく

ProChannelでもよく使う設定・組み合わせはプリセットに保存しておくと作業効率がアップしておすすめです。CONSOLE EMULATORを挿入したりEQの初期設定位置など好みに合わせてプリセットを作っておくとトラックごとの手間が省けて便利です。

こんな時に便利
  • ProChannelで毎回同じ設定をする場合
  • CONSOLE EMULATORを使う場合
 

ProChannelの設定を保存する

 

f:id:hatemani:20180526184346p:plain

ProChannelの画面でプリセット名(デフォルトはUntitled)が表示されているところへマウスを持っていきます。すると「プリセットを保存する」ボタンが表示されるのでクリックしましょう(プリセットを読み込む時は保存ボタンの左にある読込ボタンを押して開きます)
 

MIDIFXでよく使う設定を保存しておく

MIDIFXでも設定も保存しておくと使う際にとても便利です。特にVelocityやQuantizeは使用頻度が高いため、設定を保存しておくと良いでしょう。
 
こんな時に便利
  • MIDIFXでよく使う設定方法がある場合
 
MIDIFXを使ったヒューマナイズ機能の使い方も記事にしていますのでこちらも参考にしてください。
 

Ⅰ MIDIFXの設定を新規保存する

 

f:id:hatemani:20180526184358p:plain

プリセット名が表示される部分をダブルクリックして保存する名前を入力します。次に保存ボタンを押して保存します。

 

f:id:hatemani:20180526184421p:plain

②プルダウンタブでプリセットリストを表示させ、保存した名前があることを確認してください。

 

Ⅱ MIDIFXの設定を上書き保存する

 

f:id:hatemani:20180526184430p:plain

MIDIFXの画面上の保存マークをクリックします。

 

f:id:hatemani:20180526184437p:plain

②上書き確認メッセージが表示されるのでOKを押します。

 

関連記事まとめ:Cakewalk by BandLabの使い方や秘訣