ONGEN OPT

DTMについて役立ちそうな情報をまとめてるブログ

【cakewalk】音が出ないときの対処方法【音が鳴らない】

f:id:hatemani:20200901143340p:plain

新しく機材を新調したときなど、これまでと違う環境にしたときは特にトラブルに見舞われやすいです。DTMでは特に音が出ないことには作業がまともに進みません。
音が出ない原因には『DAW』『OS』『機器』の3つに大別でき、どれが原因なのかを分けて対処する必要があります。今回はDAW(cakewalk)が原因だった場合の対処方法を紹介します。

 

【1】はじめに確認すること

 

音が出ないときは冒頭でお話ししたとおり、まず原因は何なのか探る必要があります。以下の3点を確認して問題なければ次の項目へ移ってください。

  • 機器の接続は問題ない
  • 機器のボリュームが0になっていない
  • パソコン本体の音が正常に出る
 

1.1 パソコンの音が出るか確認方法

 

windows検索で『サウンドの設定』と検索して設定画面を開きます。

f:id:hatemani:20211018104322p:plain

 

出力デバイスが音を出したいデバイスに設定されている(①)ことを確認した上でマスター音量(②)を変更するとその音量で音(確認音)が鳴ります。

f:id:hatemani:20200901145302p:plain

 

この時点で音が出ない場合、一度パソコンを再起動するオーディオインターフェースを使用しているのであれば、電源の入れなおし又はUSBの抜き差しで解決する可能性があります。

また、一度も音が鳴ったことがなければ、サウンド機能(オンボードサウンド)もしくはサウンドカード・オーディオインターフェースのドライバが正常にインストールされていない、または機器が破損している可能性があります。

 

【2】Cakewalkから音がまったく出ない場合(オーディオ)

 

cakewalkから音がまったく出ない場合、以下の2点を確認することで解決できる場合があります。

  • オーディオデバイスの設定が適切であるか
  • トラックまたはバスのルーティングが適切であるか
 

2.1A 環境設定(オーディオインターフェイスがある場合)

 

オーディオインターフェイスを使用する場合のデバイス設定について説明します。

オーディオインターフェイスとはデスクトップパソコンやノートパソコンにはじめから搭載しているヘッドフォン端子やマイク端子のことではなく、サウンドの録音・再生専用の機器のことを指します。

1.ドライバモードの設定

編集>環境設定>オプション>録音、再生オプションで「ドライバモード」をASIOに設定されているか確認します。ASIO未対応のオーディオインターフェイスの場合は【オーディオインターフェイスがない場合】を参照してください。

f:id:hatemani:20200901145314p:plain

 

2.出力デバイスの設定

編集>環境設定>デバイスの選択で、出力デバイスで音を鳴らしたい機器に繋がるチャンネルにチェックが入っていることを確認します。チェックが入っていない場合はチェックを入れます。

f:id:hatemani:20211025141718p:plain

 

2.1B 環境設定(オーディオインターフェイスがない場合)

 

オーディオインターフェイスを使用しない場合のデバイス設定について説明します。
この設定はデスクトップパソコンやノートパソコンに搭載しているヘッドフォン端子・マイク録音・ディスプレイスピーカー出力などのオーディオ入出力を使用するときの設定となります。

 

1.ドライバモードの設定

編集>環境設定>オーディオ>オプション>録音、再生のオプションで、ドライバモードを「WASAPI排他」もしくは「WASAPI共有」にします。

オーディオインターフェイスがない場合、またはASIOに対応したオーディオインターフェイスがない場合に使用できるドライバモードは「WDM/KS」「WASAPI排他」「WASAPI共有」「MME(32-bit)」となります。

f:id:hatemani:20200901145415p:plain

CHECK:ドライバーモード
 

WDM/KS
MMEよりもレイテンシが低い。WASAPIが普及する前での低レイテンシなwindows標準デバイスドライバであり、WASAPIがうまく動作しない場合はこちらを使用。

WASAPI排他
ASIOが使用できない環境での最有力候補。排他モードはcakewalkを使用している時は他のアプリでの音が出ないが、音質が高い。

WASAPI共有
WASAPIを使用しつつ他のアプリでも音を出したい場合に使用。排他モードより音質は悪い。

MME(32-Bit)
レイテンシーが高くまた、サウンドミキサーを経由するため音の劣化が顕著。他のモードが動作しない場合を除いて、通常は選択しない。

 

2.出力デバイスの設定

編集>環境設定>デバイスの選択で、出力デバイスで音を鳴らしたい機器に繋がるチャンネルにチェックが入っていることを確認します。チェックが入っていない場合はチェックを入れます。

f:id:hatemani:20211025141718p:plain

 

2.2 トラックの設定

 

オーディオ素材やソフト音源は音を各トラックからバスへ送り、バスから機器の端子へ送ることでスピーカーやヘッドフォンなどから音が出力されます。そのような設定になっていない場合、以下の手順に従って操作して下さい(ここではバスの名前を「Master」として説明します)

 

1.ルーティングをトラック→「Master」バスに設定

トラックの出力先が「Master」バスになっている(②)ことを確認します。この設定はトラックの音をMasterバスへ送る設定となります。トラックが複数ある場合、すべてのトラックで操作が必要です。

f:id:hatemani:20200901145325p:plain

POINT:Mastarバスがない場合
 

バスエリアで右クリックをして「ステレオバスの挿入」を選択します。作成時は名前が「Bus A」などになっているので、分かりやすい名前(Masterなど)にしておくと良いでしょう。

 

f:id:hatemani:20200901145337p:plain

 

2. 「Master」バス→オーディオチャンネル(機器の出力端子)に設定

Masterバスの音がオーディオインターフェイスから出力されるように設定します。ここではヘッドフォンやスピーカーなどの機器が接続されているチャンネルを選択します。

この設定を間違えると、音がオーディオインターフェイスの別のチャンネルから出力されてしまいます。しっかりと仕様を確認した上で選択してください。

 

f:id:hatemani:20200901145350p:plain

以上で、Cakewalkから音が出力されるようになります。

 

【3】インストゥルメント(ソフト音源)の音が出ない場合

 

ここではインストゥルメント(ソフト音源)の音が出ない場合の対応方法について説明します。
この説明は『【2】Cakewalkから音が全くでない場合』の環境設定まで済んでいる前提で話を進めます。

 

3.1 インストゥルメントの立ち上げ

 

トラックビューの上で右クリックして「インストゥルメントの挿入」を選択します。

f:id:hatemani:20200901145427p:plain

インストゥルメントトラック→「Master」バスへ音を送る設定

音源を選択して「インストゥルメントトラックを分離」のチェックを外し、アウトプットを「Master」にしてトラックを作成します。

f:id:hatemani:20200901145436p:plain

3.2 ピアノロールビューで音階入力

 

新しくトラックを作成後に、そのトラックを選択した状態でメニューから表示>ピアノロールビューを開き、音階を並べて再生すれば音が鳴ります。

f:id:hatemani:20200901145452p:plain

f:id:hatemani:20200901145503p:plain

POINT:複数のMIDIチャンネルの音を鳴らしたい場合
 

1. インストゥルメントトラックを複数作成する

1つの音源に対して複数のMIDIチャンネルを使いたい場合、必要な数のMIDIトラックを挿入します(上記の通り、音源のトラックを先に立ち上げておく必要があります)

 

■「MIDIトラックの挿入」または「複数トラックの挿入」を選択

 

f:id:hatemani:20200901145515p:plain

 

2. MIDIトラック毎にチャンネル設定する

追加されたMIDIトラックを選択し、画像の②のようにMIDIチャンネルと対応付けさせる音源を指定します。その後、③で上から「チャンネル指定(C)」「音のバンク指定(B)※1」「音の種類設定(P)※2を行います。
※1 バンクが1つしかなければ設定不要 ※2 サンプリング音源など一部音源は設定不要の場合が有

 

f:id:hatemani:20200901145523p:plain

 

【4】MIDIキーボードを使って音が出ない場合

 

ここからはMIDIキーボード使用時の音が出ない場合の対応方法について説明します。
この説明は『【2】Cakewalkから音が全くでない場合』の環境設定まで済んでいる前提で話を進めます。

 

4.1 環境設定(MIDI機器のポート選択)

 

編集>環境設定>MIDI>デバイスの選択>入力で、使用するMIDI機器のポートを選択します。

f:id:hatemani:20200901145534p:plain

 

4.2 音源を立ち上げ、トラックのMIDI設定変更

 

『【3】インストゥルメント(ソフト音源)の音が出ない場合』の手順で音源を立ち上げます。
音源のトラックを選択した状態で、In(下の図では左の『Omni』と書かれた赤枠部分)>MIDI機器のポート>MIDIchをクリックします。

■設定項目が表示されていない場合は「Display」と書かれた右隣にオーディオ設定とMIDI設定を切り替えるタブがあります(ポップアップ表示の後ろに隠れています)

f:id:hatemani:20200901145553p:plain

これでMIDIキーボードなどの鍵盤を押せば、音が鳴るはずです。

 

関連記事まとめ

Cakewalk by BandLabの使い方