ONGEN OPT

DTMについて役立ちそうな情報をまとめてるブログ

【Studio One】コードトラックの使い方【コード入力・コード解析】

f:id:hatemani:20211018155625p:plain

Studio Oneのコードトラック機能には、トラックのコードを表示する以外にオーディオトラックやインストゥルメントトラックのノートを編集など、さまざまな使い方があります。今回はそのコードトラック機能について説明します。

 

コードトラック機能とその使い方

 
CHECK:コードトラック機能を使ってできること

 

  •  楽曲のコード進行を設定・表示
  •  オーディオ・インストゥルメントトラックのノートをコードに従わせる
  •  コードトラックからインストゥルメントトラックのノートを生成
  •  コードトラックのコード進行を再生
  •  オーディオからコードを解析
  •  インストゥルメントトラック(単体・複数)からコードを解析
 

コードトラックの入力

①コードトラックで入力を行うにはグローバルトラック表示からコードを選択し、コードトラックを表示させます。

f:id:hatemani:20211018131745p:plain

 

②コードトラック上でクリックするとコードが表示されます。

f:id:hatemani:20211018131755p:plain

 

③コードの変更にはコードトラックを使用します(コードトラックの表示方法は入力したコードをダブルクリック)

f:id:hatemani:20211018131801p:plain

 

③コード名をクリックすることでコードを変更できます。

f:id:hatemani:20211018131810p:plain

 

コードを視聴

 

左下の「コードを視聴」マークをONにするとコードの音を確認できます。

f:id:hatemani:20211018131819p:plain

 

MIDIキーボードからコードを入力

 

「インストゥルメント入力」ボタンをONにするとMIDIキーボードを使ってコード入力ができます。

f:id:hatemani:20211018131827p:plain

 

コードトラック上のコード進行を視聴する

 

作成したコード進行を視聴するには、インスペクターを表示して「トラックを再生」にチェックを入れます。この状態でトラックを再生するとコードを視聴できます。

f:id:hatemani:20211018131836p:plain

 

任意の音源でコードの音を再生する

 

任意の音源でコードの音を再生するには、コードトラックのインスペクターで「アウト」を再生したい音源に変更します。

f:id:hatemani:20211018131847p:plain

 

トラックからコードを解析する

オーディオトラックからコードを解析

 

オーディオトラックの波形からコードを解析するには波形をコードトラックへドラッグ&ドロップします。この操作で波形から解析されたコード進行がコードトラックに入力されます。また、オーディオトラックの波形にもコードが表示されるようになります。

f:id:hatemani:20211018131859p:plain

 

インストゥルメントトラック(MIDIトラック)からコードを解析

 

インストゥルメントトラックをコードトラックへドラッグ&ドロップでインストゥルメントトラック内のコードも解析できます。

f:id:hatemani:20211018131914p:plain

 

複数のインストゥルメントトラック(MIDIトラック)からコード解析できる

 

複数トラックからコード解析もできます。インストゥルメントトラックを複数選択してドラッグ&ドロップでコードが解析されます。

f:id:hatemani:20211018131920p:plain

 

コードトラックのコードを使う

コードトラックからMIDIノートに変換

 

コードトラックのコードをインストゥルメントトラックへドラッグ&ドロップでノートに変換できます。

f:id:hatemani:20211018131927p:plain

 

オーディオトラック・インストゥルメントトラックをコードトラックに従う

 

①コードトラックの追従ボタンをONにします。

f:id:hatemani:20211018131942p:plain

 

②コードトラックのコードに従うようにするトラックのインスペクターを表示し「コードに従う」をオフ以外に変更します。

f:id:hatemani:20211018131949p:plain

CHECK:【コードに従う】の設定について
 

パラレル
変更前のルートノートが変更後のコードのルートノートになるように変更します。ただし対象のノートの関係を維持したままノートを平行にずらすため、コードトラックのコードと一致するとは限りません。

ナロー
トラックコードに合うようにノートを移動させます。変更前の各ノートから最も近いコードに合ったノート位置に移動します。

ベース
ベースパートなどの単音用のモード。変更前のノートがコードのベースノートへ移動します。

スケール(オーディオトラックのみ)
変更前のノートが最も近いスケールのノートに移動します。

ユニバーサル(オーディオトラックのみ)
変更前のノートがコードのスケールノートに強制されます。事前にコード検出なしで使用できます。

 

オーディオトラックも「コードに従う」が使用可能

オーディオトラックの場合は「コードを検出」機能を使ってオーディオのコード解析をしておく必要があります。

f:id:hatemani:20211018131958p:plain

 

オーディオトラックにはチェーンモードの設定があり、ここでオーディオトラックに使用されている楽器を選択することで最適化されたコード変更ができます。

f:id:hatemani:20211018132005p:plain

 

コード表示

コードを表示する(コードトラック・鍵盤入力・MIDIトラック)

 

「コード表示」画面はリアルタイムにコードを表示します。コード表示画面上で以下の項目から表示するコードを選択できます。

①コードトラック:コードトラックに入力されているコードを表示
②入力コード名:MIDI鍵盤で入力した鍵盤からコードを識別して表示
③エディター:MIDIトラックで入力したノートからコードを識別して表示

 

f:id:hatemani:20211018132015p:plain

 

 

関連記事まとめ:Studio One 使い方まとめ